12月11日、グランドハイアット東京で、来年1月25日からテレビ朝日系で放送する『仮面ライダーディケイド』の制作発表が行われた。

(左から)当日登壇した、村井良大、井上正大、森カンナ、石橋蓮司(画像クリックで拡大)

 当日は、井上正大、村井良太、森カンナ、石橋蓮司ら出演者が登壇し、番組に対する意気込みを語った。発表会の途中には、歴代平成ライダー10名によるアクション披露や、今回主題歌を担当したGacktの登場もあり、来場した関係者や報道陣を沸かせた。

 原作者の石ノ森章太郎の没後、『仮面ライダークウガ』から始まった“平成仮面ライダーシリーズ”。記念すべき10周年にして10作目となる本作のコンセプトは、「10年に1度のお祭り」。番組の世界観で「10周年(=ディケイド)」を体現するという、そのストーリーとはどのようなものか?

 それは、これまで並行に存在していたクウガやキバ、電王の世界が1つに融合するというもの。世界は入り乱れ、各世界の敵すべてが同時に現れる。このままではすべての世界が崩壊してしまうという状況の中、仮面ライダーディケイドの門矢 士(かどや つかさ)たちに与えられたミッションは、9つの世界をめぐる旅に出ること。さらに、ディケイドが実はすべてのライダーを破壊する存在かもしれないという真実が、解き明かされていく。