迫力のある重低音と豊かな中音域。装着感も申し分なし

 音質は、さすがに4万円超のヘッドホンだけあって、すばらしい。迫力ある重低音と豊かな中音域で、メリハリのある音楽を聞かせてくれる。大音量で楽しむときはもちろん、まわりの話し声がある程度聞こえるくらいの小さな音量でも、ノイズキャンセル効果で音楽をはっきり聴き取れる。

 ノイズキャンセル機能は、他社の製品と比べて特に優れているという印象はない。だが、密閉型の構造とメリハリのある音質と組み合わせれば、必要十分と感じた。

 装着感は非常によい。耳周りとヘッドバンドに柔らかいクッションが入っており、肌触りもよかった。

迫力のある重低音と豊かな中音域。装着感も申し分ない

 ヘッドホン右側に、電源スイッチがある。聞くときはオンにする必要がある。スイッチは目立たないので、つい切り忘れてしまうことも。スイッチの上の「b」ロゴは、ミュートスイッチになっている。押し込むと音楽がミュートされ、外の音を聞ける。

電源スイッチは本体の右側にある。「b」のロゴは、ミュートスイッチになっている

 付属のケーブルは2本。赤のケーブルは通常のヘッドホンケーブル、黒はマイク兼リモコンスイッチ付きだ。

 マイク部分はiPhone付属のイヤホン同様、押し込むことで再生・停止やスキップ、巻き戻しといった操作ができる。iPhoneでの動作は確認したが、第4世代iPod nanoではマイク機能・リモコン機能ともに使用でき なかった。

ケーブルは赤と黒の2本付属されている。通常のケーブルは赤(画像クリックで拡大)

黒のケーブルにはマイクが搭載されている(画像クリックで拡大)

 「Monster Beats by Dr. Dre」は、価格帯、ノイズキャンセル機能、折りたたみ式といった特長を考えると、「Bose QuietComfort 2、3」あたりと真っ向からぶつかる製品だ。今回、直接Bose製品との音質比較はできなかったが、大口径からくる迫力の重低音やスタイリッシュなデザインを求める人には、魅力的な選択肢となりそうだ。

(文/出雲井 亨)