2008年10月12日、東京ゲームショウ2008(TGS 2008)会場にて、『日本ゲーム大賞2008』(主催:社団法人コンピュータエンタテインメント協会)の「フューチャー部門」が発表された。

 この賞は、TGS 2008で発表・展示された作品879タイトルを対象に、来場者が10月9日から11日までの3日間に投票し、そこで選出された262タイトルの中から「日本ゲーム大賞」選考委員会(委員長:養老孟司氏/東京大学名誉教授)によって選ばれたもの。その結果、今後が期待される作品として、今回12作品が選出された。

 日本ゲーム大賞2008「フューチャー部門」の受賞作品は以下のとおり。

■「フューチャー部門」受賞作品一覧
NO. タイトル メーカー
1 アイドルマスターSP パーフェクトサン
/ワンダリングスター/ミッシングムーン
バンダイナムコゲームス
2 逆転検事 カプコン
3. 白騎士物語-古の鼓動- ソニー・コンピュータ
エンタテインメント
4. スターオーシャン4-THE LAST HOPE- スクウェア・エニックス
5 DISSIDIA FINAL FANTASY スクウェア・エニックス
6 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 スクウェア・エニックス
7 バイオハザード カプコン
8 モンスターハンター カプコン
9 428 ~封鎖された渋谷で~ セガ
10 リトルビッグプラネット ソニー・コンピュータ
エンタテインメント
11 龍が如く3 セガ
12 レッツタップ セガ