日立超LSIシステムズが行ったワークショップでは、音声合成ミドルウェアRuby Talkに関する内容が発表された。

 Ruby Talkは長年の研究を元に開発されているツールで、漢字かな混じりテキスト文も正確に読み上げ可能なことと、なめらかな合成音が持ち味だ。これらの技術が評価され、バンダイナムコゲームスのニンテンドーDS用ソフト『DS山川歴史 詳説日本史 B・詳説世界史 B』、『DS山川歴史 詳説日本史 B・詳説世界史 B』にRuby Talkの技術が採用されている。

 また、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売を予定しているPS3の『ダービータイム オンライン』にもRuby Talkが使用されていることを明かした。競馬実況の特徴とも言える馬名を連呼する部分も、複数のテンションを組み合わせて自然な音声再現をしているという。

Ruby Talkによって、競馬実況アナから収録した音声も自然に接続させている(画像クリックで拡大)

リアルな音声を実現するための仕組みについても詳しく語られた(画像クリックで拡大)

(文/エスティフ)