動画などWebサイトの技術トレンドに合わせ、テレビドラマの公式サイトも進化している。特に転機となったのは、2007年1月のドラマ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(フジテレビ系)で、各回ごとに公式サイトでスピンオフ動画を配信し話題を集めた。スピンオフとは主人公以外の登場人物に焦点を当てるなど、本編とは違う内容だがより本編を楽しめる映像のこと。今年7月から始まったドラマ『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』(フジテレビ系)でも「裏トラ」という名称で、同社7作目となるスピンオフドラマを配信。ここでは、同社初となる動画CM付きとなり、これまで有料配信が多かったが無料配信が一部実現された。このかにも、テーマ別のBBS(電子掲示板)を用意するなど、テレビドラマの公式サイトは集客を増やすべく努力を続けている。

新たなビジネスとして注目を集める「スピンオフ」

 『学校じゃ教えられない!』(日本テレビ系)公式サイトでは、携帯電話向けのスピンオフ動画が人気を集めている。『学校~』は、7月15日~21日の週に日本テレビ番組サイトのなかでニュース番組に次ぐ第2位のアクセス数を獲得している。無料配信のスピンオフドラマへの支持が大きな要因だろう。

毎週新しいエピソードが追加されていく、『学校じゃ教えられない!』のスピンオフドラマ(画像クリックで拡大)

 また、スピンオフをはじめとした動画配信にも新たな展開が見られる。

 「有料型ではじまった動画配信ビジネスですが、ユーザーの広がりと共に広告収入が増え、一部無料で配信できるようになってきました。時代の流れです。動画視聴環境の発展や、ユーザーの増加に伴い、ますます本編とスピンオフが一つのセットとして語られるようになるのではないでしょうか」(フジテレビ、デジタルビジネス推進部部長 柴崎敦子さん)。無料のスピンオフ動画を配信したことで、動画のページビュー数(再生された回数)にも大きな上昇が見られているという。

双方向性メディアのネットで視聴者の声をドラマに反映?

 『ロト6で3億2千万当てた男』(テレビ朝日系)では、“もし3億2千万あったら”や“次の億万長者はだれだ!?”をテーマに視聴者が自由に書き込めるBBSを2つ設置している。このように最近のテレビドラマの公式サイトの新たな傾向として、「テーマBBS」の設置も増えている。テーマが与えられることによって、視聴者はBBSへの書き込みが容易になり、ドラマの内容へかかわる機会が増す。

 このスタイルは、インターネット業界で謳(うた)われているCGM(Consumer Generated Media;インターネットを使い、消費者が直接内容を生成していくメディア)の一種だと言える。今期のドラマでは、さらに進化した使い方も出てきた。

 『Tomorrow―陽はまたのぼる―』(TBS系)の公式サイト内には、医療をテーマとした「テーマ別掲示板」が設けられている。ここでは、患者・医療従事者・第三者、それぞれの視点から投稿がなされ、自然とディスカッションが行われる場になっている。「本編のエピソードに生かせるような内容の投稿も掲示板にいただき、制作側にとっても有益な情報源になっています」と語るのは、番組Webサイト担当の広野由美さん。つまり、視聴者の意見が直接番組作りに影響を与える可能性があるということだ。

 今後もWeb業界のテクノロジーの進化に伴って、ドラマの公式サイトも進化を続けていくはずだ。

夏ドラマイチオシの公式サイト

『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』(フジテレビ系 火曜夜9時)
~スピンオフドラマを1週間無料で配信

(画像クリックで拡大)

 スピンオフ動画「裏トラ」は、公式サイトに貼ってある「フジテレビオンデマンド」へのリンクをたどると見られる。1~2分のショートドラマ「裏トラ」は毎週火曜の放送終了後に更新され、最新話は更新後の1週間限定で無料配信される。バックナンバーは有料になり、各105円。公式サイトでは、キャストインタビューやスタッフブログのほかに、制作発表や収録現場の模様を収録したWebオリジナル動画を無料で見られる。

公式サイト→http://www.fujitv.co.jp/shibatora/


『学校じゃ教えられない!』(日本テレビ系 火曜夜10時)
~すべて無料のスピンオフドラマを掲載

(画像クリックで拡大)

 スピンオフ動画は、公式サイトに貼ってある「第2日本テレビ」のバナーからリンクをたどると見られる。毎週放送終了後に更新される番組スピンオフは2~3分で、バックナンバーも含め全て無料だ。一部の動画にはソフトバンクの動画CMが付いているが、キャストを起用したオリジナルCMとなっていてストーリーの一部のようにドラマに馴染んでいる。そのほかの特徴的なコンテンツとしては、スタッフブログやキャストのリレーブログがある。

公式サイト→http://www.ntv.co.jp/gakkouja/


『Tomorrow―陽はまたのぼる―』(TBS系 日曜夜9時)
~医療問題の現状も分かる!

(画像クリックで拡大)

 「テーマ別掲示板」では、「医療、病院、医師、看護師、患者に対しての疑問・質問や、医療現場で体験したエピソード」といったドラマの趣旨に添ったテーマを掲げている。一方通常掲示板では、ドラマのストーリーに対する感想やキャストへの応援メッセージが書き込まれている。キャストの黒川智花と医師が対談するコーナーでは、「産婦人科の減少」「セレブ病院について」など、医療問題の現状を対談形式で説明している。

公式サイト→http://www.tbs.co.jp/Tomorrow2008/


『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系 木曜夜9時)
~仮想的な「幸楽」のWebサイトもある

(画像クリックで拡大)

 「鬼を知る!」(スタッフ・キャスト一覧、あらすじ、相関図、ドラマ内用語集など)、「鬼を楽しむ!」(写真館、インタビュー、キャスト・スタッフブログなど)、「鬼をもらう!」(プレゼント)、「鬼を語る!」(掲示板)、「渡鬼検定」(初級~上級、各20問のドラマクイズ)など、内容が盛りだくさん。特に「鬼を楽しむ!」の中には、「幸楽」や「おかくら」「植樂」「ごはんや」といったドラマに登場するお店や企業のWebサイトが、実存する企業のWebサイトさながらに作り込まれている。

公式サイト→http://www.tbs.co.jp/oni/


『四つの嘘』(テレビ朝日系 木曜夜9時)
~番組で登場した雑貨が購入できる

(画像クリックで拡大)

 「ROOM」と名付けられたコーナーでは、医師役の登場人物の部屋を再現したページが表示される。そこにあるベッドやテレビボードなどの大型家具やダストボックスや照明などの雑貨をクリックすると、これらの商品を実際に購入できる通販サイトへと移動できる。そのほか、キャストが答える「お悩み相談」のコーナーや、「学生時代の恋の思い出」「女にとって一番の幸せとは?」など恋や女性をテーマにした「テーマトーク」という掲示板が設けられている。

公式サイト→http://www.tv-asahi.co.jp/4lies/


(文/つくしの万葉=プレスラボ)