D3と比べてD700で変わったのは、まず大きさや重さだ。D3からバッテリーが入る底面部分を削って、さらに周囲をひと回り小さくしたような雰囲気だ。重さは、1kgをわずかに切る995gだが、これはバッテリーやメモリーカードを含まない数字であり、実際に使う時はさらにレンズの重さも加わる。

 同社の「D300」に近い大きさを想像していただけに、初めて手にした時はちょっと大きいという印象を受けた。無論、D3と比べてれば断然小さく軽い。

 現状では、FXフォーマットに対応するレンズが大きくて重いのがちょっとネックで、今回のレビューで多く使用した「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」は、D700に匹敵する900gの重さがある。こういった重いレンズを組み合わせた時のバランスは、やはりD3の方が上。もうちょっと軽いレンズと組み合わせれば、印象は変わったのかもしれないが。

ペンタプリズムの大型化などの影響で、シャッターボタンの手前にある情報表示パネルは、かなり横長だったD300(右)と比べると、いくぶん小さくなった(左)。もっとも、撮影モードやシャッター速度などの数値、残り撮影枚数などの文字は大きめで見やすい

 ボディーやダイヤルのレイアウトは、D3よりもD300に近い。基本的なボタンの位置は共通なのだが、D3でブラケット撮影の設定やダイヤルのロックなどを行うボタンが、D700ではホワイトバランスや感度を設定する部分になっている。

 また、D3ではボタンを押しながらダイヤルを回すことで行う再生画像の拡大・縮小が、D700では拡大ボタンと縮小ボタンがそれぞれ独立して存在する。D300のほか、D60などの下位機種ではこの操作方法が採用されており、それぞれ好みがあるかもしれないが、筆者は個人的に長年親しんだD3方式が身に付いているため、ちょっと面倒に感じた。

広角24mm対応のストロボを内蔵する。これは、D3にはない装備のひとつだ。「内蔵ストロボはいらない」という声もあるが、あってよかったと感じるシーンは少なくない

ファインダー窓は、D3などのひとケタ型番と共通の丸形に変わった。さらに、商品写真撮影などの際に使われるアイピースシャッターも追加された