視野率は、D3の100%に対して、D700は95%とちょっと狭め。撮影結果を背面の液晶モニターですぐ確認できるからあまり気にならないという人と、やっぱり100%じゃなきゃダメ、という人で意見が分かれるところだが、筆者は正直あまり気にしない部分だ。

 D3のサブ機としてのD700を考えると、やはり気になったのが操作性の違いだ。基本的にD300と同じ操作系となっており、拡大などの操作が微妙に違う。シャッターボタンや露出補正、再生や削除などの基本的な部分は一緒とはいえ、個人的には気になるところ。気にならないと書いたばかりの視野率も、D3と併用するとなると話は別だ。

D3(左)とD700(右)では、操作ボタンの数やレイアウト、液晶パネルの有無などが微妙に異なる(画像クリックで拡大)

 また、メーカーがDXフォーマットのフラッグシップと位置付けるD300の立場も気になるところ。高感度での描写や階調の部分ではD3に負けるものの、既存のカメラと比べれば画質は十分。DXフォーマット専用レンズを使用すれば、システムをコンパクトかつ低価格にできるというメリットもある。D700の登場で、D300やレンズなどの価格下落も予想されるため、あえてこちらを狙ってみるのも一つの手だろう。

 とにかく、D700の実機を手にしてみないことには何も判断できない。スペックだけでカメラを語るのは愚といってよい。メーカーからテスト機が借りられ次第、改めてそのインプレッションを紹介したい。

(星 智徳)

筆者

星 智徳(ほし とものり)

◇沖縄の宮古島や下地島で撮影ロケを敢行。原付を借りて夕陽を撮りに行ったが、夜は虫がやたらと激突してきてビックリ!