そして、D3に対する大きなアドバンテージとなるのが、イメージセンサークリーニング機能だ。感覚的には、今までのDXフォーマット機と比べてもゴミが出やすく、そしてローパスフィルターに付着したゴミが目立ちやすく感じるD3では、まめなゴミ掃除が必須になっていた。しかしD700では、ローパスフィルターを振動させてゴミを除去する機構を新たに搭載したのだ。これは、D3使いとしては個人的にちょっとショックである。

ニコンのフルサイズ機としては初めて、撮像素子のゴミ取り機構「イメージセンサークリーニング」を搭載。同じフルサイズのD3にはなかった装備だけに、D3ユーザーにとってはうらやましい限りだ(画像クリックで拡大)

 このほかD3にはない機能としては、ファインダーに格子線を表示させる機能(D3ではファインダースクリーンを交換することで対応)や、ペンタ部の内蔵フラッシュがある。特に、後者は一般のフラッシュ撮影はもちろん、アドバンストライティングシステムの主灯としても使えるというメリットもある。

D700は魅力十分だが、D3にはアドバンテージが多い

 機能的にも大きさ的にも魅力的なD700なのだが、D3を発売日に2台購入してしまった筆者としては、D3を使い続ける理由(=D3のアドバンテージ)を考えてみた。

D700ボディーとマルチパワーバッテリーパック「MB-D10」には、随所に防塵防滴処理が施されている(黄色の部分)(画像クリックで拡大)

 まず第一に、プロの道具としての耐久性はやはりD3の方が上、ということになりそうだ。D3もD700も、マグネシウム合金をボディーに使用し、各部に防塵防滴処理を施しているのは同様である。

 しかし、カタログをよく見比べてみると、シャッターユニットがD3では「30万回にもおよぶレリーズテストをクリアー」としているのに対して、D700では「実装状態で15万回にもおよぶレリーズテストをクリアー」としている。それぞれ表現方法がわずかに異なり、単純に比較できるものなのかは分からないが、シャッターユニットの耐久性はD3の方が上と見てよいと思う。

 レリーズタイムラグに関しては、D700が約0.04秒なのに対して、D3はメカニズムの限界といわれる約0.037秒。果たして、この0.003秒の違いを人間が体感できるのか、またAFのレスポンスまで含めてD3と同じ感覚でシャッターを切れるのか、実際に使ってみないと判断できない部分だ。