フルサイズの有効1210万画素CMOSセンサーを搭載したハイアマチュア&プロ向けデジタル一眼レフカメラ「D700」。撮像素子のスペックや基本的な撮影性能はハイエンドモデル「D3」と同等であり、まさに「小さくなったD3」というイメージだ(画像クリックで拡大)

 ニコンは2008年7月1日、デジタル一眼レフカメラの新製品として「D700」を発表した。発売日は7月25日。希望小売価格はオープンで、予想実売価格は33万円前後の見込み。光学式手ぶれ補正機構内蔵ズームレンズ「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)」が付属するレンズキットやスピードライト(外部ストロボ)、交換レンズも発売となる(同時発表の製品に関しては以下の表の通り)。

■今回発表になった新製品
希望小売価格
(予想実売価格)
発売日 備考
D700 ボディー オープン価格
(33万円)
7月25日
D700 レンズキット オープン価格
(40万円)
7月25日 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)が付属
スピードライト
SB-900
6万8250円 7月25日 カメラからのファームウェア更新が可能(対応カメラはD700以降の機種)
PC-E Micro NIKKOR
45mm F2.8D ED
31万5000円 7月18日
PC-E Micro NIKKOR
85mm F2.8D
31万5000円 8月