エントリーモデルながら、最先端の低燃費技術を搭載した「ゴルフ TSIトレンドライン」。ボンネットやドアのステッカーはデモカーのためで、標準装備ではない(画像クリックで拡大)

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2008年6月17日、同社の主力車種「ゴルフ」の新たなエントリーモデル「ゴルフ TSIトレンドライン」を発売した。日本初登場の1.4L TSIシングルチャージャーエンジンと、デュアルクラッチ方式の7速DSGトランスミッションを搭載。欧州仕様ゴルフのディーゼル車と比べても、ほとんど遜色ない低燃費を誇る高効率モデルだ。

 従来のエントリーモデル「ゴルフE」は、1.6L直噴エンジンと6速ATの組み合わせで、10-15モード燃費は12.8km/L。TSIトレンドラインの10-15モード燃費は15.4km/Lで、ゴルフEより20%向上、日本で販売した歴代フォルクスワーゲン車の中でも最高値を実現している。これだけ燃費がアップしたにも関わらず、車両本体価格はゴルフEより3万円上がっただけの248万円だから、かなりのバーゲン価格だ。

 これだけの低燃費を実現した技術はどんな物なのか、エンジンとトランスミッションのそれぞれについて見ていこう。

日本初登場の1.4L TSIシングルチャージャーエンジンを搭載(画像クリックで拡大)

メーターパネル中央には、瞬間燃費や平均燃費を表示できるマルチファンクションインジケーターを装備(画像クリックで拡大)

シフトレバーは通常のATと変わらない形状。左側にシフトすると前がシフトアップ、後がシフトダウンのマニュアル操作モードになる(画像クリックで拡大)

● 【BPtv動画レポート】
ゴルフ TSI トレンドライン
乾式7速トランスミッション採用
前モデルより燃費を20%改善
BPtv
※画面をクリックすると「BPtv」の動画ページが開きます。