シャープで解像感のあるレンズ、速く精度の高いAF

レンズ焦点距離25~125mm相当、開放絞り値F2.8~F5.9の光学5倍ズームレンズを搭載。マクロモードでは、広角端で5cmまで被写体によることができる(画像クリックで拡大)

 DMC-FX500の魅力はタッチパネルだけではない。広角端25mm相当から始まるレンズも大きな訴求力の一つだ。レンズは、焦点距離25~125mm相当となる光学5倍のズームレンズを搭載。上位モデルらしく、同じ広角端25mm相当のレンズを持つDMC-FX35よりも望遠側に強い。レンズの解像力はシャープで解像感があり、フレアやゴーストに強い印象を受けた。広角端では少しゆがみがあり周辺が少し流れるが、このクラスのレンズにしては十分だろう。AFの速度はコンパクトデジカメにしては速くストレスは感じない。AF精度はかなり高く、「タッチ動体追尾AF/AE」を使えば構図を変えてもピントがくるのでありがたい。

FX35と似た画質傾向

 気になる画質は、基本的にDMC-FX35とあまり変わらない印象を受けた。解像感がありシャープで、色味はナチュラル。低感度ではほとんどノイズは目立たないが、等倍で見てみると少しざらついているようにも見える。しかし、気にするほどのものではない。ISO400やISO800になると、ノイズよりも解像感がなくなる感じが気になった。カラーノイズは、ISO1600までほとんど見あたらない。このクラスのコンパクトデジタルカメラにしてはとても優秀だ。

ISO感度比較(プログラムAE、39mm相当で撮影)

●ISO100(1/13秒、F4.0)

(画像クリックで拡大)

●ISO200(1/25秒、F4.0)

(画像クリックで拡大)

●ISO400(1/50秒、F4.0)

(画像クリックで拡大)

●ISO800(1/100秒、F4.0)

(画像クリックで拡大)