イメージセンサーは、α200の有効1020万画素、α700の有効1220万画素に対して、シリーズ最高の画素数となる有効1420万画素のCCDを搭載している。大きなサイズへのプリントがより余裕を持って行うことができるほか、トリミングをしても画像の劣化が少なくなる。これを利用して「スマートテレコンバーター」なる機能まで搭載されている。

 これは、背面右上のボタンを押すだけでカメラが画像をトリミングし、1.4倍相当と2倍相当の画像にするというものだ。画像サイズが小さくなるが、後処理を行うことなくトリミングできるため、遠くのものをより大きく撮影することが可能だ。

 イメージセンサーを動かす方式の手ぶれ補正機構も、シリーズの他モデルと同様にもちろん搭載している。補正効果は、α200と同じく2.5~3.5段相当となっている。ボディー内補正機構のため、ごく一部を除いたほとんどのレンズでぶれを抑えることが可能だ。

青空の階調にちょっと不自然さがあるようにも見えるが、発色にそれほど大きなクセはなく、見た目に近い青空に写っているように感じられる(ISO100、1/400秒、F8)

縦位置でのライブビュー撮影は液晶モニターの角度が変えられないため、正面に構えるほかない。より自由な角度で撮影できる可動式液晶を何とか開発してほしいところだ(ISO400、1/25秒、F3.5)

 撮影時にファインダーで補正効果を確認することはできないのだが、携帯電話の電波強度表示のようなインジケーターを備えており、どのぐらい手ぶれしているかが分かる。これはライブビュー時にも表示されるため、カメラを顔から離した撮影などでも、インジケーターを参考にブレを少なくする努力ができる。