E-420&ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6(レンズキット付属)

桜の花が少し影になり暗めだったので、カメラの内蔵ストロボを使って日中シンクロをした。ストロボの光量は、マニュアルで調整し1/64で発光。ほとんど、違和感なく撮影できた(●撮影モード:マニュアル●シャッター速度:1/180秒●絞り:F8.0●ISO感度:100●焦点距離:84mm相当●使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)(画像クリックで拡大)

キットレンズの望遠端で撮影。少し暗めのレンズだが、ブレることなく撮影できた。店頭のライトのディテールもきっちり写っている上、暗部もつぶれることなく表現できている(●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/60秒●絞り:F8.0●ISO感度:100●露出補正:-0.3●焦点距離:84mm相当●使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)(画像クリックで拡大)

キットレンズの望遠端で撮影。最短撮影距離が25cmとかなり近寄れるので、多彩な被写体を撮影できる。AFの精度が高いので安心だ(●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/250秒●絞り:F5.6●ISO感度:100●露出補正:+0.3●焦点距離:84mm相当●使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)(画像クリックで拡大)

キットレンズの望遠端、開放で撮影。望遠端の開放値F5.6でも、ピントの合っている部分は葉の葉脈が確認できるほどキチンと解像している。ボケ味もキレイ(●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/800秒●絞り:F5.6●ISO感度:100●露出補正:+0.3●焦点距離:84mm相当●使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)(画像クリックで拡大)