NTTドコモ
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製

FOMA SO905i


実売価格:5万400円

発売日:2007年11月28日

 NTTドコモの「SO905i」は、液晶テレビ「BRAVIA」、携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」などで培ったソニーの技術に加え、「W53S」で復活したジョグダイヤル「+JOG」を搭載するなど、ソニー・ソニーエリクソンがこれまで取り組んできた技術を結集させたハイスペック端末に仕上がっている。

 中でも注目すべきは、NTTドコモ向けのソニー・エリクソン端末で初めて搭載されたフルブラウザだ。従来のNTTドコモ向けフルブラウザと比べて劇的な進化を遂げており、SO905iの「影の主役」と呼べる高性能ぶりを見せている。

ソニエリ的な外観に、静電パッドやスタンドなどのギミックを多数用意

 SO905iのボディーは比較的ベーシックな2軸回転型である。しかし、正面や背面部分などを見ると、どことなくソニー・エリクソンらしさを感じる、主張のあるデザインとなっているのが特徴的だ。

 ボディに関する大きな特徴となっているのが「ミュージックタッチキー」である。本体正面部分に静電パッドが内蔵されており、音楽関連機能を操作する時にこの部分が光って、閉じた状態でも操作できるようになるのである。「SO903i」でも同様のキーが設けられていたが、SO905iは静電パッドを採用することでボタンが目立たず、落ち着いたデザインを実現しているのが印象的だ。

 もう1つの大きな特徴として挙げられるのがワンセグに関連した機能だ。2軸回転ボディの欠点は、机に置いたまま横画面でワンセグを閲覧する際、見やすいよう角度を付けるのが難しいところである。だがSO905iは本体背面にスタンドが設けられており、これを立てることで、横画面でも見やすい角度でワンセグを視聴できるようになる。また、ディスプレイ上部にも静電パッド(ビューイングタッチキー)が設けられており、横画面でのワンセグ視聴時の操作などに利用できるようになっている。

閉じた状態での本体正面。通常状態では非常にフラットだが、音楽再生時は背面ディスプレイに加えミュージックタッチキーが光る(画像クリックで拡大)

右側面には音楽やカメラなどのキー類やヘッドフォンなどの端子類を備える(画像クリックで拡大)

左側面にはプッシュトークキーとmicroSDカードスロットを装備。メモリースティック関連は一切用意されていないので注意(画像クリックで拡大)

横画面でワンセグを視聴する際は背面のスタンドが非常に役立つ。ワンセグ用アンテナがディスプレイ側にあるのも珍しい(画像クリックで拡大)