NTTドコモ
NEC製

FOMA N905i


実売価格:5万400円

発売日:2007年11月28日

 NTTドコモ「N905i」は、905iシリーズでは最高画素数の520万画素カメラを搭載し、NEC製としては初となるワンセグに対応している点が特徴だ。同じNEC製の「N905iμ」より少々厚みはあるものの、ワンセグの搭載や各機能のスペックの高さ、押しやすさにこだわったキーなど、従来のNEC製900iシリーズの流れを受け継ぐハイスペックモデルに仕上がっている。

PCライクなインターフェースが充実

 全体的な端末イメージは、前機種「N904i」のポップなテーストから一転し、背面部のメタリックなパネルが目を引くデザインとなった。パネル部のテクスチャーはカラーごとに異なる。テクスチャーの違いでも端末の雰囲気は大きく変わるので、端末カラーを選ぶ際は、実際にモックなどを見て検討したほうがいいだろう。

 操作面では、N900iシリーズでおなじみ、マウス風のポインター操作が可能なニューロポインターを搭載。ダイヤルキーも、押しやすさにこだわったPC風の大型キーを搭載している。最近は薄型化と引き替えに、キーの押しづらい端末も増えているだけに、iモードやメールを使う際の快適さを優先したN905iのインターフェースは、ケータイのヘビーユーザーにとって魅力的だ。

大型3インチのワイドVGA液晶を搭載。ポインター操作が可能なニューロポインターと、PC風の押しやすいダイヤルキーも装備(画像クリックで拡大)

メタリックパネルのテクスチャーはカラーごとに異なる。サブディスプレーは白色有機ELを採用(画像クリックで拡大)

右側面にはプッシュトークキーとクリアキー、スクロールキー、シャッターキーを搭載(画像クリックで拡大)

背面にはオートフォーカス対応520万画素カメラと撮影用ライト、おサイフケータイ用のFeliCaセンサーを搭載(画像クリックで拡大)

 着信ランプはディスプレイの左右に搭載されており、端末をどの角度からみても着信ランプを視認できる点が便利。一方、キーのバックライトは派手に光るのだが、暗所でキーを見るには必要以上に眩しい。また、イヤホン端子と充電端子のカバーが大きく、イヤホンを利用してワンセグや音楽を聴く際に少々邪魔だ。高額なハイエンド端末なだけに、日常的に利用する部分の実用性は、もう少し配慮が欲しかったところだ。

着信ランプはディスプレー部の左右に2つ搭載。ディスプレー部左側面にはTVキーとカメラキーを搭載。ディスプレーを反転させた状態では、端末右側面のキーと併せて利用する(画像クリックで拡大)

キーバックライトはオレンジに近いレッド。端末を開くと、一瞬明るくなる演出がある(画像クリックで拡大)