2008年1月16日の日本時間深夜、米国で開催中の「MacWorld2008」にて、アップルの新型ノートパソコン「MacBook Air」が発表された。これを受けて、日本でもマスコミ向けの説明会が行われ、MacBook Airが公開となった。現地からのニュース速報(記事はこちら)に続いて、写真でMacBook Airをチェックしていくことにしよう。

これがMacBook Airだ。アルミニウム製の本体は、MacBook Proシリーズよりも骨太という感触だ。三菱電機の薄型ノートPC「Pedion」や、ソニーの「バイオノートZ」をほうふつとさせるデザインだ(画像クリックで拡大)

同じ13.3型ワイド液晶パネルを採用したMacBook(右)と並べてみた。本体の底面積はほぼ同じだが、軽さがまるで違うのには驚かされる(画像クリックで拡大)