高感度ノイズの少なさは圧倒的、ISO6400が実用的に使える

 D3の大きな特徴となっているのが、高感度でのノイズの少なさだ。常用撮像感度はISO200~6400で、もちろん他のデジタルカメラと同じように感度を上げればノイズは増えていくのだが、D2系などほかのニコンのデジタルカメラと比べてもノイズの増え方の少なさは圧倒的だ。どのぐらいのノイズまで許容できるかは、個人差や被写体によっても変わってくるが、屋内スポーツを撮るならばISO6400を積極的に使って速いシャッタースピードで撮影したいと思わせるぐらい、素直な画像だ。

 高感度側は、さらにISO25600相当まで増感できるのだが、ここまでくるとノイズが増えるとともに彩度が落ちてしまう。さすがに常用するには無理のある画質で、暗くてスピードライトが使えず、それでも撮影しなければならないという時の非常用と考えた方がよいだろう。

 低感度側もISO100まで減感できるのだが、説明書によればコントラストが高くなるのだという。筆者の場合、日中シンクロを使いたいシーンではISO200では絞らないと露出が合わなくなってしまうため、こんな時は低感度側を使用するようにし、ふだんはISO200を基本としている。また、感度が上がっても極端なノイズ増加がないため、場合によっては感度自動制御も積極的に使うようにしている。

 連写は秒9コマで、もちろん動いているものにピントを合わせ続けながら撮影できる。約500万画素相当となるDXフォーマットでのクロップ撮影時には、最高で秒11コマまでの高速連写が可能だが、AFはシャッターを切り始めたところで固定される。

 バッファーメモリーはRAWの14ビット記録で16コマ分、JPEGのFINEで52コマ分となっているが、バッファーの解放が驚くほど速く、JPEGのFINEで容量いっぱいになったとしても、低速になるが連写は可能だ。ちょっとだけ撮影を休ませれば、すぐに連写できるだけの容量は確保できる。このポテンシャルを最大限に生かすためにも、高速書き込みに対応しているコンパクトフラッシュを使用したいところだ。

 コンパクトフラッシュのスロットは2つ用意している。同時に2枚入れておけば、1枚目がいっぱいになった時に2枚目に自動的に移行する設定や、2枚に同じ画像を同時記録する設定、さらにRAWとJPEGのファイルを2つのカードに割り振って記録するなど、これら3つの設定を任意に選択できる。

 D3は設定が多岐にわたっていて、分厚い説明書を読んでもよく分からない部分が多い。使い方は、使うユーザーや撮りたい被写体やによって千差万別で、そんなわがままに少しでも応えられるようにという意図が、メニューの複雑さにも見えるような気がする。

 とはいえ、画質や操作性、撮影性能の高さは間違いなくニコンの最高機種であり、価格に見合う満足度は確実に得られるだろう。ニコンユーザーならばぜひ持ちたいカメラといえる。

ライブビューも搭載しており、ファインダーを覗かずに撮影できる。視野角の広い液晶をモニターとはいえ、角度によっては画像を確認するのが厳しくなる。この写真は、空の部分にホコリが確認できるが、撮像素子の関係か従来機種よりもホコリが目立ちやすくなった気がする(ISO200、1/50秒、F5.6)

夜間遊覧飛行に飛び立つヘリを撮影。ほとんど目視できない暗さだったにもかかわらず、感度を上げることで機体をしっかりと写し出しだ。ノイズが盛大に出ているが、暗い場所でもAFがしっかりと機体に合っているのはさすが(ISO6400に対して約2段増感、1/250秒、F4)

DXフォーマットにしか対応しないレンズのために、撮像範囲を狭めることができる。DXレンズを付けると自動的に切り替えられるほか、フルサイズ対応レンズでもDXフォーマットで撮影することが可能だ。画素数は、およそ500万画素相当となる(ISO200、1/800秒、F8)

D3と組み合わせて常用するのにちょうどよいのが「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」(希望小売価格27万3000円)。ちょっとした室内から簡単なポートレートまで、さまざまな被写体に対応できる。焦点距離が35~50mmの範囲なら38cmまで接近でき、ちょっとした小物の撮影も可能だ(ISO200、1/60秒、F2.8)

■「D3」のココが○、ココが×!
ポイント 評価 コメント
画質 高感度ノイズの少なさはもちろん、低感度での階調の豊かさや発色の美しさは納得できるものがある。1200万画素では少ない、という意見もあるが、A4判雑誌の見開きぐらいならば多少トリミングしても余裕で使える画質で、必要十分な画素数といってよい。
デザイン 基本的にはD2系の流れを受け継いでおり、堂々とした風格を感じさせる立体感のあるデザインだ。耐久性のありそうな表面の質感もいい感じである。ペンタ部に、妙な溝で作られた造形が加わったが、それが本当に必要なものなのかがちょっと疑問ではある。
操作性 微妙な変化はあるものの、こちらもD2系のものが踏襲されていて、従来機種を使っていた人ならば特に迷うことなく使えるはず。ボタンのカスタマイズの自由度もちょっとだけ上がっているが、機能の多さを考えるともっと柔軟にカスタマイズできてほしい。
コスト
パフォーマンス
決して安いカメラではないのは確かだが、必要な機能や装備が新たに詰め込まれており、カメラとしての完成度はきわめて高い。特に、高感度での高速連写を必要とするスポーツ撮影を行う人にとっては、この価格でも買うべき価値のある1台といえる。

(星 智徳)

製品名 D3
発売 ニコン(http://www.nikon-image.com/jpn/
希望小売価格 オープン
実売価格 57万8000円
撮像素子 35mm判1287万画素CMOSセンサー
有効画素数 1210万画素
手ぶれ補正機能 なし
レンズ オプション
撮像素子のごみ取り機構 なし
撮影範囲 使用するレンズに依存
シーン撮影モード なし
最高記録解像度 4256×2832ドット
ISO感度 オート、ISO200~6400相当(ISO200に対して1段までの減感、ISO6400に対して2段までの増感が可能)
動画撮影機能 なし
記録媒体 コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ×2スロット
液晶モニター 3型TFT(92万画素)
ファインダー 光学ファインダー(視野率100%、倍率約0.7倍)
電源 専用リチウムイオン充電池
撮影可能枚数
PCとの接続 USB2.0
PictBridge
外形寸法、重量 159.5(W)×157(H)×87.5(D)mm、1240g(本体のみ)
ボディカラー ブラック
発売日 2007年11月30日