先代から大きく変化したのは、フィルムに相当するイメージセンサーだ。先代が1/1.8型の有効813万画素だったのに対し、IIは1/1.75型の1001万画素タイプと、同社のワイドズーム機「Caplio GX100」と同じものを搭載した。また、画像の仕上げをカメラ内で行う画像処理エンジンも「GR ENGINE II」に進化している、センサーがGX100と一緒といえど、この画像処理エンジンが違うことから(Caplio GX100は「スムースイメージングエンジンII」)、同じ絵にはならないのだ。

 画質の面で大きく変わったのは、高感度に設定した時のノイズだ。一般的に、感度を上げるとノイズが増えてしまうのだが、これを画像処理で無理に消そうとすると階調や精細感が損なわれてしまう。リコーは従来から、ノイズをあまり消さずに階調やシャープさを重視する傾向にあったが、本機ではノイズをある程度消しつつも階調性を損なわない処理がなされている。

 先代と比べると、本機は感度1段分ぐらいはノイズ特性がよくなっているという印象を受けた。つまり、GR DIGITALのISO400の画質が、GR DIGITAL IIのISO800の画質に近い、ということである。

 ISO1600まで上げると、やはりザラザラとしたノイズが目立ってくるのだが、それでもこのクラスのイメージセンサーを搭載したコンパクト機としては優秀な感じだ。ISO400ぐらいまでなら常用してもよさそうな雰囲気で、状況によってはISO800でも大きいサイズへのプリントに堪えられそうだ。

 低感度では、シャープさと階調の豊かさが特筆できる。先代で見られた、ちょっとクセのある発色はなくなり、ニュートラルな色という印象になった。どちらかといえば、Caplio GX100に近くなったようにも感じるが、全体のシャープさは本機の方が上のようだ。

 シャープな描写を支えているのは、イメージセンサーや画像処理エンジンばかりではなく、レンズも大きな役割を果たしている。このカメラに興味のある人にあえて言う必要はないかもしれないが、ズームが付いていない単焦点レンズで、35mm判換算で28mm相当の画角だ。融通は利かないが、その分だけ画質に妥協せず設計でき、広角レンズながら周辺光量の低下や歪みが少なく、絞り開放から安心して使える描写力を持っている。センサーサイズが小さいため、ボケを生かした撮影は難しいのだが、マクロ撮影をしてみると背景のボケ味の美しさが感じられる。

 ただでさえ画角が広いのだが、別売のワイドコンバージョンレンズ「GW-1」(実売価格1万3800円)を装着するとさらに広がり、21mm相当の画角となる。大きさの割にずっしりと重く、またレンズ自体も高価なのだが、その分画質の低下はほとんど感じられないほど高性能だ。また、本体のAF補助光の位置が先代と比べてレンズから離れたことで、ワイコンを付けてもしっかりと機能するようになった。

一般的なコンパクトデジカメよりも画角が広いので、広い範囲が写るだけではなく、手前のものがより大きく写る。広角レンズによっては、大きく歪みが出てしまうものもあるのだが、このカメラのレンズはそのような不自然さを感じさせない。そのあたりが、さすがGR DIGITALと思わせるところだ(ISO80、1/125秒、F2.7)

 本機では、Caplio GX100で好評だった1:1フォーマットでの撮影にも対応するようになった。Caplio GX100では、このフォーマットでのRAWモード撮影は行えなかったのだが、これが可能になったのもうれしいところ。また、RAW撮影での書き込み時間が大幅に短縮したうえ、画像の書き込み中にもう1枚撮影できるようになり、撮影のテンポを崩されることが少なくなったのも好印象だ。

 ユニークなのが、電子水準器を搭載しているという点だ。この機能をオンにすると、カメラの左右の傾きの度合いが液晶モニターに現れ、水平になった時に音を出すことも可能だ。個人的には、スナップ撮影での水平出しにはあまりこだわらない方なのだが、それでも被写体によっては気になることもあり、そんな時には役立つ機能だ。

 リコーのデジカメではおなじみになっているADJ.レバーも継承しており、これで感度やホワイトバランスなどの各種設定を簡単に変更できる。また、4方向ボタンのひとつがFnボタンになっており、あらかじめ設定した特定の機能をすぐに変えられるようになっている。さらに、撮影時の絞りでの被写界深度を液晶モニターに表示する機能も持っている。

 このように、撮影に必要な機能をしっかり搭載しながら、十人いれば十通りある撮影者の操作の好みにも柔軟に対応しているあたり、撮る人間のことをよく考えて開発していると感じる。

 ありきたりなデジカメに飽きたら、またストイックに撮影したいと思ったら、ぜひ使ってほしいカメラだ。

雨上がりの盛岡城跡公園。全国でも屈指の美しさといわれる石垣が、差し込んだ日差しで光っていた。表面の質感がよく出た描写だが、もうちょっとシャープさがあってもよかったと感じる。本機は、露出がややオーバー目に出ることが多かったのだが、このシーンでは期待通りといってよい(ISO80、1/125秒、F3)

太陽光がダイレクトにレンズに入る意地悪い条件だが、ゴーストやフレアは最小限に抑えられているという感じだ。こんな状況でも、ビビッドな配色の看板の色がしっかりと出ているのは、やはりレンズ設計のよさが功を奏しているのだろう(ISO80、1/400秒、F4.8)

ISO400で撮影。ノイズが若干目立つものの、フィルム写真的なものであり、色ノイズが少ないこともあってあまり気にならない。十分使える画質だと感じる。ズームもなければ、手ぶれ補正機構もないので、夜景の撮影は三脚か気合いが必要だ。この写真は気合いで撮影したので、微細なブレがある(ISO400、1/8秒、F2.4)

日没後、東の空で輝き始めた月。淡いトーンの微妙な感じを、派手すぎないしっとりとした階調で再現してくれ、期待以上の仕上がりだ。絞りが開放のため、こういったシーンでは周辺光量落ちが目立つはずだが、それもほとんどない。パソコンの画像処理ソフトで、逆に周辺光量を落としたいぐらいだ(ISO80、1/80秒、F2.4)

■「GR DIGITAL II」のココが○、ココが×!
ポイント 評価 コメント
画質 従来機で酷評されていた高感度の画質が大きく改善され、ISO400までならば十分使える画質になったのはうれしい。AWBの精度もかなり上がっているのも◎。クセの少ない発色とシャープな描写力は、作品作りを大いにサポートしてくれる。
デザイン 極限までムダをそぎ落としたデザインで、美しさすら感じさせる。先代から形はちっとも変わっていないのだが、それが完成度の高さの証明なのだろう。GRシリーズとはこういうものです、というメーカーの強い意志がカメラから感じられる。
操作性 ADJ.レバーとFnボタンで、自分で登録した各種設定をすぐに変えられるなど、リコー製デジカメならではの操作性のよさを継承している。メニュー画面の構成やレイアウトも見やすくなった。電源ボタンがやや押しにくくなったのが、唯一気になった点だ。
コスト
パフォーマンス
先代と設定価格はほとんど同じ。正直、もうちょっと安ければ…という思いもあるが、GRというブランドにある程度お金を払ってもいいかとも思う。長く大事に使っていきたいと思わせる数少ないカメラのひとつなので、この価格ならば割高には感じないと思う。

(星 智徳)

製品名 GR DIGITAL II
発売 リコー(http://www.ricoh.co.jp/dc/
希望小売価格 オープン
実売価格 7万9800円
撮像素子 1/1.75型1030万画素CCD(原色フィルター)
有効画素数 1001万画素
レンズ 単焦点(35mm判換算28mm相当)、F2.4
手ぶれ補正機構 なし
撮影範囲 30cm~∞
マクロ撮影範囲 1.5cm~∞
シーン撮影モード 3種類
最高記録解像度 3648×2736ドット
ISO感度 オート、高感度オート、マニュアル(ISO80/100/200/400/800/1600相当)
動画撮影機能 Motion JPEG形式(640×480ドット、30フレーム/秒)、音声付き(モノラル)
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、内蔵メモリー(約54MB)
液晶モニター 2.7型TFT(23万画素)
ファインダー なし(オプションで外部光学ファインダーを用意)
電源 リチウムイオン充電池、単4形乾電池
撮影可能枚数 約370枚(CIPA準拠による計測、リチウムイオン充電池使用時)
PCとの接続 USB2.0
PictBridge 対応
外形寸法、重量 107(W)×58(H)×25(D)mm、168g(本体のみ)
ボディカラー ブラック
発売日 2007年11月22日