リコー

GR DIGITAL II

実売価格:7万9800円

発売日:2007年11月22日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・好評のクラシカルな薄型デザインを継承
・撮像素子を有効1001万画素にアップ
・液晶モニターを大型化&高精細化
・操作のカスタマイズをより柔軟に

 2005年にリコーが発売したコンパクトデジカメ「GR DIGITAL」は、フィルム時代の伝説のコンパクトカメラ「GR」シリーズの流れを汲むというコンセプトで、大いに話題になったモデルだ。発売後1年も経たないうちに投げ売り状態になるデジカメ市場の中で、大きな値崩れもなく継続して販売し続けられたのは、ブランドを大事にしたいというメーカーの頑張りと、市場での根強い人気の証といってよいだろう。

 そんななか、後継機として「GR DIGITAL II」が発売された。先代から2年経ってのモデルチェンジというのは、日進月歩のデジタル業界にしては異例の長さだ。

外観デザインの変更は驚くほど少ない

 残念ながら、というべきか当然というべきか、外観はほとんど変化がない。液晶モニターが2.5型から2.7型へほんの少しだけ大きくなったのと、レンズ左上にあった外光パッシブAF用の窓がなくなったこと、モードダイヤルから動画のポジションが消えたという3点ぐらいしか、外見上での違いを見い出すことができない。

写真ファンに絶大な支持を受けたコンパクトデジカメ「GR DIGITAL」の後継機種として登場した「GR DIGITAL II」。外観の変更は最小限に抑えつつ、撮像素子の1001万画素化や画像処理エンジンの変更、液晶モニターの高精細化などの改良を図った。また、公式ブログ「GR Blog」などに寄せられた意見を基にした変更も施されているという

 今回、先代モデルとIIの両方を同じカバンに入れて持ち歩いたのだが、幾度となく持ち間違えることがあり、電源を入れるまで気づかないこともあったほど似ている。もちろん、それが悪いことではなく、長年培われてきたGRシリーズの完成度がより高まった、ということなのだと思う。個人的には、何かしらの変化が欲しかったのだが、かといって足すべきところも引くべきところもない、というのも正直なところだ。

 グリップを握ってみると分かるが、本体はわずかにIIの方が細い。カタログの外形寸法は、2機種とも同じ数値が書かれているのだが、手にはそのように感じられる。といっても好き嫌いが出るほどの差ではなく、よく比べてみれば違うと分かる程度のものだ。

 ボディーの素材にはマグネシウムダイキャストが用いられている。強くて軽いのはもちろん、プラスチックを多用したカメラにはない安心感が伝わるとともに、高級感のある手触りを演出している。このあたりも、先代モデルと共通している部分だ。また、シャッターボタンを押した時のストロークの深さや固さも、大きな違いは感じられなかった。オートフォーカス時の動作音は、本機の方がいくぶん小さくなっている。

左がGR DIGITAL IIで、右がGR DIGITAL。2台を並べると、外見上の違いがわずかなのに改めて驚かされる。背面の操作ボタン類は、レイアウトこそ変わりないが、形状や塗装に手が加えられた。また、中央部を1段くぼませることにより、MENU/OKボタンが押しやすくなったのはありがたい