中沢フーズ 取締役 開発本部長 藤田 学氏(画像クリックで拡大)

 1本5000円もする牛乳があるという。乳製品を販売する中沢フーズが販売する「おとなの牛乳」だ。毎週20本(ネット販売は先着15本)の限定販売で、今年12月20日発送分までの販売だという。こんな高い牛乳をなぜ作ったのだろうか? そしてその味とは? さっそくこの製品の開発を担当する開発本部長・藤田 学氏に話を聞き、試飲させてもらった。

――中沢フーズさんと言えば、生クリームやサワークリームが思い浮かぶのですが、牛乳も手がけていたんですか?

藤田氏 はい。当社は創業当時から、牛乳を、主に洋菓子の会社やホテル、レストラン等に納入しています。ですから、一般の方が当社の牛乳を商品としてご覧になる機会が少ないのでしょう。

――明治元年創業とのことですが、牧場はどこにあったのですか?

藤田氏 今の新橋駅前、烏森口あたりに牧場があったそうです。現在本社のある新橋周辺はその当時からホテルや大使館、外国人駐留地が多く、“中沢ミルク”と親しんでいただいていたようです。後に震災で牧場を失い、六本木などに何度か移転したあと、契約した牧場さんからミルクを納入していただく形になりました。

――今回、1本5000円の牛乳を売り出されたことが大変話題になりましたが、手応えは当初の予想どおりですか?

藤田氏 いえいえ、発表の後、あまりの反応に驚きました。「ちょっと高級なものを自分のために」という消費の流れも味方したのかな、と思います。

――どうしてこのような商品を企画されたのですか?

藤田氏 ここ数年、牛乳の消費量が減っています。昔と違い、飲み物が牛乳以外にたくさんあることや、給食以外で牛乳に接することが少ない環境も理由の一つだと思います。そこでいま、乳業メーカーの我々に何ができるか? それを考えた結果、搾りたてに限りなく近い、とことんこだわった牛乳を限定で発売し「ああ、おいしい、牛乳ってこんなにおいしかったのか!」と再認識していただこう、と企画しました。飲んだ感想、反応も大変よくて喜んでおります。