パナソニックが、1/2.3型の撮像素子を搭載したレンズ一体型の高倍率ズームデジカメ「LUMIX DMC-FZ300」を発表。F2.8通しの光学24倍ズームレンズを搭載するほか、4K動画撮影や4Kフォトに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2015年9月2日、1/2.3型の撮像素子を搭載したレンズ一体型の高倍率ズームデジカメ「LUMIX DMC-FZ300」を発表した。2012年8月に発売した「LUMIX DMC-FZ200」の後継モデル。F2.8通しの明るいズームレンズ(光学24倍ズーム、35mm判換算で25-600mm相当)を継承しながら、新たに4K動画撮影機能や一瞬の被写体を簡単に捕らえる「4Kフォト」機能を追加した。本体も防塵防滴構造に改良した。野鳥やスポーツ競技など素早く動く被写体の撮影に向くモデルとして、写真愛好者に売り込む。

 予想実売価格は7万8000円前後で、発売は9月17日の予定。


外観はエッジを強調したデザインに変更し、精かんさが増した。内蔵の電子ビューファインダーは144万ドットの有機ELに変更した
[画像のクリックで拡大表示]

 4Kフォトは、撮影した4K動画から写真を切り出して保存する機能。4K動画は3840×2160ドットの解像度があり、写真を切り出しても800万画素相当のサイズがある。これを生かし、4K動画撮影を「秒間30コマの超高速連写機能」として利用し、撮影後に切り出したいコマを選び出して写真として保存することで、決定的なシーンを容易に手に入れられる。DMC-FZ300では、シャッターボタンを押す1秒前から記録する「4Kプリ連写」の機能も追加し、ベストショットを得やすくした。

 オートフォーカスは、画面内のすべての被写体の距離情報を瞬時に算出する空間認識AFを新たに搭載。コントラストAFの高速化と合わせ、動きの素早い被写体でも瞬時にピントが合うようにした。

FZ300は7月に開発発表をしており、今回正式発表となった
[画像のクリックで拡大表示]
ファームウエアのアップデートで、撮影後にピント位置が自由に選べる「4Kフォーカスセレクト」機能が利用できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 このクラスの高倍率ズームデジカメは、より大きな1型の撮像素子を搭載した「LUMIX DMC-FZ1000」や「Cyber-shot DSC-RX10M2」(ソニー)、「PowerShot G3 X」(キヤノン)などがあり、1/2.3型のDMC-FZ300は画質で劣る。だが、DMC-FZ300は600mm相当までF2.8通しの明るいズームレンズ、防塵防滴機構、4Kフォト、4K動画機能を備えており、装備や機能はもっとも優れている。さらに、撮影後にピント位置を自由に変えられる「フォーカスセレクト」の機能も後日ファームアップで搭載すると発表しており、機能重視派にとっては見逃せない1台になりそうだ。

(文/磯 修=日経トレンディネット)