USENは2015年6月15日、レコチョクとの協業により、店舗向けの定額制BGM配信サービス「OTORAKU -音・楽-」(以下「OTORAKU」)を7月1日より開始すると発表した。従来のUSENのサービスとほぼ同数の曲をそろえ、様々な業種や店舗形態にあわせた300以上のプレイリストを用意するのが特徴。自分でプレイリストを作れる昨日もそろえており、BGMにこだわる店などこれまでUSENを利用していなかった層にも、手軽に使ってもらうことを狙っている。

発表会にはアーティストの華原朋美さん(中央)も登場した
[画像のクリックで拡大表示]

店舗向けの定額音楽配信サービス「OTORAKU」

 「OTORAKU」は、法人・店舗(個人事業主を含む)を対象にした、定額制音楽配信サービスだ。ユーザーはタブレット端末を用意して、そこに専用アプリをインストールして利用する。そのため、これまでの有線放送にあったセットトップボックスや大掛かりな導入工事などは不要となる。タブレット端末は当初はiPad(iOS 8.1以上)のみが対象で、その他の端末やパソコンなどへの対応はユーザーからの要望に応じて取り組む予定という。

 主要レコード会社28社が参加予定で、利用できる曲数はUSEN放送と同じ300万強になる。曲を登録したプレイリストが300以上用意されるほか、ユーザーが自由に選曲したり、オリジナルのプレイリストを作ることもできる。好きな曲を即時頭出しできるカットイン機能を備え、例えば店内でプレイリストの曲を流している最中に、それを一時的に止めて誕生日祝い用の曲を流すといった使い方ができる。

 料金は月額3780円で、2年契約の場合は月額3380円、3年契約の場合は月額2980円になる。このほか事務手数料3000円、音響機器設置工事費2万円など初期費用が3万1000円必要。

USENは音楽配信サービスとして、2013年に個人向けの「スマホでUSEN」を開始している。今回発表された「OTORAKU」は法人・店舗向けサービスとなる
[画像のクリックで拡大表示]
28のレコード会社が参加し、利用できる楽曲数は300万曲強。著作権手続きや個別での支払いは不要となる
[画像のクリックで拡大表示]
アプリの画面。一般的な音楽プレーヤーアプリのような印象だ
[画像のクリックで拡大表示]
業種で選ぶことで、その業種に合うBGMのプレイリストを選択できる
[画像のクリックで拡大表示]
プレイリストは曲の追加・削除や曲順の変更などが自由にできる。音楽プレーヤーアプリのプレイリスト機能と同様の使い勝手だ
[画像のクリックで拡大表示]