フルサイズの大型CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼「α7」「α7R」が登場。クラシックカメラ風のデザインも特徴的だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2013年10月16日、Eマウントを採用するミラーレス一眼の新製品「α7」「α7R」の2機種を発表した。ミラーレス一眼では初めてフルサイズの大型CMOSセンサーを搭載したのが特徴。フルサイズの撮像素子を搭載するミラーレス一眼としては世界最小最軽量だという。高精細の電子ビューファインダーを内蔵したボディーは、クラシックなフイルム一眼レフカメラ風のデザインに仕上げた。フルサイズ対応のEマウント用交換レンズも同時に多数発表し、αシリーズは不振の続く一眼レフからミラーレス一眼への移行を急速に進める。

 α7は、有効2430万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載する普及モデル。予想実勢価格は15万円前後。標準ズームレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」が付属するレンズキットの予想実勢価格は18万円前後。上位モデルのα7Rは、有効3640万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載する高画素モデル。CMOSセンサーはローパスフィルターを省略しており、精細感を追求する。予想実勢価格は22万円前後。いずれも、発売は2013年11月8日の予定。

 画像処理エンジンは新開発のBIONZ Xで、解像感の高さを追求した。連写速度も5コマ/秒(α7)と、フルサイズ一眼としては高速に仕上げた。NEXシリーズで採用された「PlayMemories Camera Apps」のアプリ追加にも対応する。ボディーはマグネシウム合金製で、防塵防滴構造とした。本体サイズは、126.9(W)×94.4(H)×48.2(D)mm、重さは約407g(α7は416g)。


直線的なペンタ部のデザインが特徴。レンズマウントはEマウントを採用するが、既存のAPS-C対応レンズはケラレが発生するため、フルサイズ対応のFEレンズが新たに用意された。本体デザインは、α7とα7Rで共通だ
[画像のクリックで拡大表示]
電子ビューファインダーはXGAの高解像度タイプの有機ELパネルを搭載。フルサイズのデジタル一眼レフ「α99」と同等の光学系で、見やすさや像の大きさを重視したという
[画像のクリックで拡大表示]
グリップの上と背面に設定変更用のダイヤルを配置する。露出補正用の独立したダイヤルも用意する
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーはグリップ部に搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
NFC機能とWi-Fi機能を内蔵しており、対応スマホならばタッチするだけで簡単に連携できる
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは3型/92万ドットで、上下チルト式を採用する
[画像のクリックで拡大表示]
スリムなボディーの形状や、グリップの上部のダイヤルの形状がよく分かる
[画像のクリックで拡大表示]
背面にも設定変更用のダイヤルを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
α7R(左)は、前面パネルもマグネシウム合金製となるが、α7(右)の前面パネルは樹脂製となる
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のマウントアダプター「LA-EA4」(希望小売価格は3万6750円)も新たに登場。一眼レフ用のAマウントレンズを使い、高速オートフォーカスを用いた撮影が楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のFEマウントレンズ「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」。希望小売価格は13万2300円
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のFEマウントレンズ「FE 70-200mm F4 G OSS」。価格は未定
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のFEマウントレンズ「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」。希望小売価格は8万8200円
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のFEマウントレンズ「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」。希望小売価格は10万3950円
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応のFEマウントレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」。希望小売価格は6万1950円。α7のキットレンズに付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、ソニーの一眼レフは「α」シリーズ、ミラーレス一眼は「NEX」シリーズと呼んでいたが、今後はミラーレス一眼もαシリーズとし、NEXの名称は廃止すると発表した。

(文/磯 修=日経トレンディネット)