iTunesで提供している「iTunes in the Cloud」が改良され、新たに映画も複数のデバイスで共有できるようになった。100タイトルの映画コンテンツが各1500円で購入できるキャンペーンも実施する
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルは2013年8月7日、iTunesで提供している「iTunes in the Cloud」を改良し、同日から提供を開始した。iTunes in the Cloudは、特定の端末で購入したアプリなどのコンテンツがクラウド経由で自動連携され、同じユーザーが利用している別のiOS端末でも追加課金なくダウンロードできるようになる機能だ。これまで、アプリや音楽、電子書籍が対応していたが、今回新たに映画も利用できるようになった。

 例えば、iPhoneで映画を購入した場合、同じユーザーのiPadでiTunesを開いて「購入済み」からコンテンツをタップするだけで、iPadに無料でダウンロードできる。対応するデバイスはiPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Mac/Windows版のiTunes。

 iTunes in the Cloudの映画対応に合わせ、iTunes Storeの映画コンテンツを期間限定特価で購入できる「HD映画コレクション 100」も開始する。対象はアップルが指定した100タイトルで、HD画質版が各1500円でダウンロード購入できる。

 合わせて、邦楽人気アーティストのライブビデオも新たにコンテンツに加えられた。アーティストはL'Arc~en~Ciel、きゃりーぱみゅぱみゅ、椎名林檎、浜崎あゆみ、矢沢永吉、山崎まさよしなど。初音ミクのライブビデオ「台湾ファーストコンサート “ミクパ♪”」など、iTunes限定配信のコンテンツも用意する。

(文/磯 修=日経トレンディネット)