「第3回わらいを愛する学生芸人No.1決定戦~アマがプロに勝つ!? お笑い下剋上元年~」が3月19日、東京都世田谷区の北沢タウンホールで開催された。

 2013年4月の段階で学生(大学生・短期大学・専門学校)であることを条件に、漫才・コント・ピン芸など、とにかく面白いネタを競うイベントで、テレビ朝日系のバラエティ番組「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」が主催している。北は青森から南は福岡まで、エントリーした学生は202組。 予選(3分のネタ)を勝ち抜いた12組が決勝の舞台に立ち、会場は満員の294人で埋まった。

舞台に立ったのは、ストレッチーズ、岡田桜井、一服ピストルズ、ダブルレンズ、若貴兄弟、オーロラ北極点、サンストレンジ、のぎみやこ、さすらいラビー、ムーンオンマンデー、カジナガサキ、ワンダーニョキニョキの12組。漫才あり、コントあり、ピン芸ありと幅広いラインアップとなった
[画像のクリックで拡大表示]

 全国の学生芸人が決勝進出を目指して意気込むのには理由がある。第1回大会で優勝したスパナペンチが、その後、多数のお笑いタレントを抱える芸能プロダクションである人力舎からデビューした。プロへの新登竜門としても注目されているからだ。

 実際、本大会は、有力芸能事務所のマネジャー10名が審査。浅井企画、アップフロント、アミューズ、太田プロダクション、ケイダッシュ、サンミュージック、人力舎、松竹芸能、ホリプロコム、マセキ芸能社のマネジャーが顔をそろえた。

 「学生HEROES!」は、夢に向かってがんばる学生やサークルを全力で応援する番組で、MCはオードリーの春日が務めている。いくつかのコーナー企画がある中で、学生芸人にスポットライトを当てる「わらいのゼミナール」(通称「わらゼミ」)からこの大会は生まれた。

 客席は、各芸人の応援に来ているグループなどで大きく盛り上がった。各コンビ、芸人のネタに会場が爆笑する場面も多く、出場した漫才コンビの「さすらいラビー」とバイト先が同じという田中恵子さん(20歳)は、「会場の盛り上がり方にビックリした。総勢10人で応援に来たけど、次回もぜひ来たいと思う」と話していた。

 審査員を務めた各芸能事務所のマネジャーも、「ほんとうにレベルが高い」と口をそろえ、票が割れる大混戦に。MCのHi-Hi岩崎は、「こんな若手が入ってきたら、俺達ヤバいなぁ(笑)」と冗談半分に語るほどハイレベルな戦いとなった。

 この決勝の模様は、本日(4月3日)深夜25時51分~「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」(テレビ朝日)で放送される。ベテラン芸人のブレイクが話題になることが多いお笑い界だが、若い世代ならではの題材で挑む学生芸人の魅力に触れてみてはいかがだろうか。

「甦るコントスナイパー」一服ピストルズ
[画像のクリックで拡大表示]
「華麗なるいてまえ漫才」サンストレンジ
[画像のクリックで拡大表示]
「ロンリー・クレイジーガール」のぎみやこ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/中桐基善)