ドワンゴとニワンゴは2012年10月17日、両社が運営する動画サービス「niconico」の新バージョンを発表した。動画配信サービスを一新し、11月17日公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とのコラボレーション企画を開始する。電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」で出版社124社と提携し、10月24日から有料コンテンツの配信も始める。人気漫画「ONE PIECE」など3万冊以上の電子書籍を配信する。

[画像のクリックで拡大表示]

電子書籍に本格参入、日本最大級のコミックコンテンツ配信プラットフォームに

 ニコニコ静画(電子書籍)は、電子書籍の閲覧だけでなく、利用者がコメントを投稿して感想を共有できるのが特徴だ。これまで一部を除き無料コンテンツを配信してきたが、10月24日より課金システムを導入して本格的に有料コンテンツの配信を開始する。

 有料コンテンツはコミックを中心に、ライトノベルや写真集などサービス開始時点で3万冊以上を取りそろえる。コミックの配信プラットフォームとしては日本最大級になるという。コンテンツを提供するのは、集英社、講談社、小学館、角川グループなど大手出版社を含む124社。ONE PIECE(集英社)、「宇宙兄弟」(講談社)、「名探偵コナン」(小学館)、「図書館戦争」(角川書店)など人気のコミックやライトノベルを用意する。

 決済には独自のポイントシステム「ニコニコポイント」を使う。ニコニコポイントは購入のほか、提携サービスへの会員登録でも入手できる。対応端末はパソコンのみ。近日中にiOSアプリ「ニコニコ静画(電子書籍)」も公開する予定だ。価格は紙よりは安く、レンタルで提供するものもあるという。

大手出版社の人気の高いコミックやライトノベルを中心に3万冊以上を用意
[画像のクリックで拡大表示]