アップルは2012年9月12日(米国時間)、新型のスマートフォン「iPhone 5」を9月21日に発売すると発表した。これまでより大きな4インチのディスプレイを搭載しつつ、薄型化と軽量化を実現。下り最大100MbpsのLTEもサポートする。国内では、現行の「iPhone 4S」と同様、ソフトバンクモバイルとKDDI(au)が取り扱う。

ブラック&スレート
[画像のクリックで拡大表示]
ホワイト&シルバー。背面はツートンカラー
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 5はiPhone 4/4Sからデザインを一新。マイクロSIMよりも小さなナノSIMや小型のコネクターを採用し、iPhone 4Sより18%薄く、20%軽くした。厚さは7.6mm、重さは112g。カラーはホワイト&シルバーとブラック&スレートの2色。メモリー容量は16GB、32Gb、64GB。

 4インチの「Retinaディスプレイ」の解像度は1136×640ドット。縦方向の解像度が増え、ピクセル数が18%増加した。iPhone 4Sと同じ幅を保ちつつ、画面を大型化している。処理性能を左右するプロセッサーには、新しい「A6チップ」を搭載。スピードと描画処理能力は、現行の「A5チップ」と比べて最大2倍速いという。電力効率も優れており、LTEでのネットサーフィンで最大8時間、連続通話は最大8時間、ビデオ再生は最大10時間の長さを実現した。