楽天傘下のKobo社は2012年7月2日、電子書籍サービスを7月19日に日本国内で開始すると発表した。240万冊以上を取り扱う「koboイーブックストア」を立ち上げ、対応の電子ブックリーダー「kobo Touch」を7980円で発売する。

電子ブックリーダー「kobo touch」を発表した三木谷社長
[画像のクリックで拡大表示]

 Kobo社は楽天が今年1月に買収したカナダの企業。世界190カ国で電子書籍サービスを運営しており、利用者は900万人に上る。楽天の三木谷社長は、「(国内の電子書籍事業には)オープンでグローバルなプラットフォームが必要。日本だけでなく、世界のコンテンツにアクセスできるkoboを通じて読書革命を起こしたい」と意気込みを語った。

 koboイーブックストアでは、日本語コンテンツを3万冊用意。国内主要出版社と交渉し、150万冊の取り扱いを目指す。

 kobo Touchは、E Inkの電子ペーパー「Pearlディスプレイ」を搭載。液晶ディスプレイと比べて、屋外で見やすく目に優しいのが特徴だ。6型のタッチスクリーンで指で画面を触って操作する。

 フォントはモリサワなど11種類を搭載。文字の大きさや行間、余白などは好みで調節できる。内蔵辞書で単語の意味を調べたり、気に入った箇所を保存したりする機能も備える。

“挑戦価格”の7980円。競合他社の端末よりも安くして、普及を目指す
[画像のクリックで拡大表示]