日立アプライアンス「大火力焼き蒸し調理 ヘルシーシェフ MRO-LV300」
[画像のクリックで拡大表示]

 日立アプライアンスは、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、「大火力焼き蒸し調理 ヘルシーシェフ MRO-LV300」など4機種を、2012年5月20日から発売する。

 同社では、2010年に発売したMRO-GV300から採用している焼き蒸し調理機能によって、オーブンレンジでは難しいとされていた餃子をおいしく調理できる点などが高い評価を得ており、今回のMRO-LV300では、これをさらに進化させたのが特徴。火力を高めるとともに、炒め油を使わない「ヘルシーに炒める」といった提案や、「裏返しなしで焼ける両面焼き」といった提案が可能になる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

油を使わずにヘルシーに炒めることができる

 新開発の2種類の高効率発熱体を開発するとともに、マイクロ波を効率よく照射する高効率立体アンテナを採用。これにより、レンジ加熱における発熱皿の最高温度を従来の約200℃を約250℃に高めることに成功。同社ではこれを、直火で焼くことができる「大火力はかって両面グリル皿」と、大量のスチームを閉じこめて蒸す「焼き蒸しふた」により、「大火力で食材に焼き目をつけ、続いて火力を抑えて、高温のスチームで食材に均一に熱を通して仕上げることで、油を使わずにヘルシーに炒めることができる」ので、おいしい調理が可能だとする。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、グリル皿の上段設置構造と大型化によって、上下から挟み込んで焼くために、食材を裏返ししなくても、両面を焼くことができる。この機能を活用することで、新たに「お好み焼き」も焼くことができるようになった。

 また、10分以内に調理できるスピードメニュー数を従来の21から、104メニューに拡大。「ごちそう」、「お弁当セット」、「スイーツ」などのスピードメニューを充実させたほか、業界最大数となる437種類のオートメニューを搭載し、新たに使用する材料や、使用する付属品を表示するなど、液晶タッチパネルを生かした高い操作性も実現しているという。さらに付属のクッキングガイドには544のレシピを掲載しているという。

437種類のオートメニューを搭載し、新たに使用する材料や付属品を表示
[画像のクリックで拡大表示]