2012年3月21日、レベルファイブとグリーはグローバルでのソーシャルゲーム事業の強化に向け、包括的業務提携を結んだ。両社は世界展開を視野に、「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」といったレベルファイブが持つ人気タイトルをソーシャルゲーム化し、グリーのソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」で提供していく。第一弾として、スタジオジブリが制作協力したことで話題となったファンタジーRPG「二ノ国」をベースに開発した「二ノ国大冒険モンスターズ」を投入、3月21日より事前登録を開始する。その後、共同企画タイトルとして「イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)」「ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)」をリリースする計画だ。

「二ノ国大冒険モンスターズ」のゲーム画面

 現在、グリーはスマートフォンを中心に世界展開を加速しており、世界中のユーザーがシームレスにGREEのソーシャルゲームを楽しめる統一プラットフォーム作りを進めている。そこで重要なのは、世界に通用するゲームコンテンツをいかに手に入れ、提供していくかだ。さらにフィーチャーフォンよりも格段に高度で、表現力に優れたスマートフォンに対応できるだけのコンテンツの企画・制作能力も問われる。そうした中、グリーはレベルファイブが家庭用ゲーム機で培った質の高いゲーム開発能力に加え、「ソーシャルゲームにはない、テレビや映画など様々なメディアと組み合わせたコンテンツ作りの経験」(グリー・田中良和社長)を高く評価した。昨年末から、大手ゲーム会社が持つ人気タイトルのソーシャルゲーム化が活発化しており、ユーザーからの反応も上々。そうした意味でも、子どもたちに人気のあるレベルファイブのタイトルを確保できたメリットは大きい。

「ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)」のゲーム画面

 当初、レベルファイルは個々のタイトル単位でグリーからソーシャルゲーム化のオファーを受けていたという。それが企業同士の包括提携へと発展した背景にあるのは、ソーシャルゲームに本気で取り組もうとするレベルファイブの並々ならぬ決意だ。「田中社長と話をしていく中で、グリーと組んでいろんなタイトルをリリースすることで、ソーシャルゲームに対する勘所をしっかりとつかんだ物作りができるように勉強したいと考えるようになった」とレベルファイブの日野晃博社長。今回発表されたのは3タイトルだが、これらのシリーズのソーシャルゲームがGREE以外で提供されることはないという。さらに両社は、新たなタイトル作りにも積極的に取り組んでいく考えだ。

固い握手を交わす、レベルファイブの日野晃博社長(右)とグリーの田中良和社長(左)
[画像のクリックで拡大表示]