BIGLOBE 3GのUSIMカードとモバイルWi\-Fiルーター「RS\-CV0C」(ネットインデックス製)(画像クリックで拡大)

 NECビッグローブは2012年2月1日、NTTドコモの3G回線を利用したデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」を提供すると発表した。午前2時から午後8時までに利用時間を制限したプランを月額1980円の安さで提供する。同社の接続サービス利用者なら月額1770円で利用できる。

 BIGLOBE 3Gの接続プランは、24時間利用可能な「スタンダードプラン」(月額2980円)と利用時間に制限のある「デイタイムプラン」(同1980円)の2種類。通信速度は両プランとも下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps。混雑時に利用者の公平性を維持するための制御はするが、通信速度の制限はしないという。P2Pのファイル交換ソフトを利用して帯域を圧迫しているプロトコルは遮断するほか、3日間累積で約360MB以上の通信があった利用者は、混雑時に通信速度を制限する可能性があるとした。

 提供するUSIMカードは、NTTドコモのスマートフォン、Wi-Fiルーター、ソニーコンピュータエンタテインメントの携帯用ゲーム機「PlayStation Vita」などで利用できる。ネットインデックスのモバイルWi-Fiルーター「RS-CV0C」もサービス開始に合わせて販売する。下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsで、最大5台のWi-Fi機器を同時に接続できる。連続通信時間は約4時間。重さは約85g。価格は1万6800円。

 ソネットエンタテインメント、ドリーム・トレイン・インターネットなどNTTドコモの3G回線を利用した格安のデータ通信サービスを提供するプロバイダーが増加しており、固定通信と組み合わせた競争が激化しそうだ。NECビッグローブでは今年6月を目標にNTTドコモのLTE回線を利用したデータ通信サービスの提供に向けて準備を進めている。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)