アウディ A2コンセプト
[画像のクリックで拡大表示]

 アウディは、「第64回フランクフルト国際モーターショー(IAA)」でEV(電気自動車)、「アウディ A2コンセプト」を発表する。

 全長3.80m、全幅1.69m、全高1.49mにして4名の乗員に十分な空間で、自動車本来の機能を凝縮した、プレミアムクラス基準のスペースコンセプト。エレガントかつパワフルで、クリーンなスタイリングは、細部まで精密に仕上げられている。ホワイトに塗装されたダークガラスルーフは、室内に設置されたスイッチを押すと透明に変化する。

 ヘッドライトには、マトリックスビームとして知られる、次世代LEDテクノロジーを採用。複数のLEDとマイクロリフレクターを組み合わせることにより、高輝度でも対向車のドライバーにやさしいハイビームとなる。デイタイムランニングライトの繊細なファイバーは、高効率なLEDロービームライトモジュールを取り囲むように設置。テールランプは、視界の状況に合わせ照明を変化させる。レーザーダイオードによるリアフォグランプは、霧の中にビームライトを照射し、後続車への警告として赤い三角マークを路面に投影。

 ダイナミックライトは、フロントからリヤにかけてのウインドウ下に設置。統合されたアプローチセンサーが車両のオーナーを検知し、ジェスチャーコントロールによってドアのロックを解除する。走行中は連続的なサイドマーカーライトとして機能。ドライバーが方向指示を出すと、サイドマーカーライトが全体を走り抜ける「光の帯」のように光るそうだ。さらに、ブレーキをかけると、赤い光の束がテールランプから前方へと流れ、ブレーキの強さが直感的に分かるように他のドライバーに警告を発する。このダイナミックライトは、2つに分割されたアーチ構造として室内にも設置されている。

 インテリアはダッシュパネルをはじめクリーンなデザイン。重要な機能の多くはステアリングホイール内側に設置されたタッチコントロール部で操作可能。車両を始動すると、さらに2つの格納式タッチコントロールが運転席右側に展開。開いたタッチコントロールはステアリングコラムとして機能し、終端部分には7インチディスプレイと補助ディスプレイ2枚を配置。

 ドア上部のショルダーエリアからフロアにかけての広い範囲には、ネオプレン(合成ゴム)のような表面を持った斬新かつ革新的なポリウレタン製のトリムを採用。センターフロア部分は、リサイクルされたポリエステル製の素材が敷かれている。シートシェルは、ブロー成型されたプラスチック製。フラットなフロアに軽快感のある4座の独立シートが配置され、そのシートクッション下は収納スペースになっている。