コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「東京ゲームショウ2011」(会場:幕張メッセ、会期:9/15~9/18)のビジネスデイに開催する業界関係者向けセミナー「TGSフォーラム2011」の概要を発表した。

 「TGSフォーラム2011」の開催日はビジネスデイの9月15日(木)・16日(金)の2日間。15日に行われる基調講演(無料)は今回3部構成となった。第1部は、CESAの和田洋一会長が「ゲーム産業革命の本質」というテーマで講演。ゲーム・プラットフォームの拡大による“変化の潮流”を読み解き、混沌とするゲーム業界に向けて、CESA会長として、進むべき方向性を提案すると見られる。その先見性に期待したい。

 続けて、第2部では、ソニー・コンピュータエンタテインメントが2011年末に発売を予定している新型ゲーム機「PlayStation Vita」について、ソフト開発のトップである吉田修平氏と、ハード開発のトップである松本吉生氏の2人が、その全貌を語る。「Vita」で稼働する新しいゲームタイトルに関する発表に加え、気になる正式な発売日や、3G回線モデルの国内キャリア決定など、新情報に期待が高まる。

 第3部は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のグリー社長の田中良和氏が、「ソーシャル・ネットワーキング・サービスが切り開く新ゲーム市場」というテーマで講演を行う。著名クリエイターや大手ゲームメーカーと続々と提携を進めるグリーにとって、世界のゲーム業界に向けたオフィシャルな発表の場となる。ゲーム業界の台風の目として、どのような内容を発表するのか注目が集まる。

 このほか、16日に開催される専門セッション(有料)では、今年から新しく「スマートフォン&タブレットセッション」と「SNS プラットフォームセッション」を加え、ゲーム産業のトレンドを解説する。また、昨年好評だった「ソーシャルゲームセッション」、「アジアゲームビジネスセッション」も引き続き開催する。このほか、ディー・エヌ・エーやクリエイティブ インテリジェンス アーツによるスポンサーシップセッションも行う。

 「TGSフォーラム2011」の受講事前申し込み受付は、公式ホームページで開始。基調講演とスポンサーシップセッションは無料。専門セッションの受講料は、前売りが1セッション8000円。当日売りは、1セッション1万円となっている。

(文/伊藤 哲郎)