角川グループの出版会社、角川メディアハウスが中心となって設立された新会社「ムビチケ」は2011年7月26日、インターネット上で映画の前売り券購入と座席指定ができる新サービス「ムビチケ」を8月下旬から始めると発表した。

 パソコンやスマートフォンなどから専用サイトにアクセスし、観たい映画の電子前売り券を事前に購入できる。映画公開後に提携する映画館のサイトで座席を予約する仕組みだ。観賞当日は、予約番号を映画館の発券機で入力し、入場券を入手する。料金は、紙の前売り券と同様の1300円~1400円。電子前売り券を友人にメールでプレゼントできるギフト機能も、サービス開始から数カ月内に始める。

ムビチケの仕組み(画像クリックで拡大)

 電子前売り券は、パソコンのほか、近々発売が予定されている「Windows Phone」搭載スマートフォンでは専用アプリを通じて購入が可能。その他のスマートフォンやタブレット端末用アプリについては年内の対応を目指す。スマートフォンやタブレット端末では、通常のブラウザーから利用できる。秋には携帯電話でも使えるようにする。

 サービス開始当初は、角川シネプレックス、佐々木興業、松竹マルチプレックスシアターズ、東急レクリエーション、TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマという6社のシネコンで利用可能。全国の映画館の約50%にあたる数になるという。

 複数の映画館や映画作品の膨大な情報量を処理するため、ピーク時にはシステムダウンなどの恐れもある。そこで、システム開発に当たっては日本マイクロソフトと協力し、同社のクラウドサービス「Windows Azure Platform」上にサイトを構築した。

 ムビチケでは初年度に200万枚、3年後には500万枚の前売り券の販売を目指す。ムビチケの高木文郎社長は、「横断的に利用できることで利便性を高め、映画館に足を運んでもらう機会をふやしたい」と抱負を語った。

(左から)日本マイクロソフトの樋口泰行社長、ムビチケの高木社長、角川グループホールディングスの角川歴彦会長(画像クリックで拡大)

(文/羽田 健治=日経トレンディ)