パナソニックは2011年2月14日、3.5型のディスプレイを備えたデジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」を3月18日に発売すると発表した。同社のレコーダー「DIGA」で録画したテレビ番組を外出先で見られるほか、無線LANに接続すればWebページを閲覧したり、「YouTube」や「radiko.jp」などを利用したりできる。実売価格は3万円前後。

DIGAで録画した番組をワイヤレスで受信できるデジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」(画像クリックで拡大)

 DIGAとの連携機能が充実しているのが特徴だ。2011年2月発売のDIGAなら、無線LAN経由でワイヤレスで録画済み番組をSV-MV100の内部メモリーかSDメモリーに転送できる。DIGAで受信した放送や録画した番組をストリーミングのようにSV-MV100で視聴することも可能だ。ホームネットワークに接続したDIGAを操作できるディーガリモコンアプリも搭載する。H.264、MPEG4、WMVのファイル形式に対応しており、パソコンからも動画を転送できる。

 ワンセグチューナーを内蔵しており、屋外でテレビを視聴したり録画したりもできる。FMチューナーも内蔵する。音楽再生は、SDオーディオをサポート。著作権保護されていないオーディオファイルをドラッグ&ドロップでSV-MV100に転送できる。IEEE802.11b/gの無線LANを内蔵しており、Webページを閲覧したり、メールを送受信したりできる。

 内蔵メモリーは16GB。SDXCまで対応したSDカードスロットを備え、メモリーは拡張できる。本体のサイズは119.7(W)×14.7(D)×60.0(H)mm、重さは約130g。バッテリー持続時間は、ビデオが12時間、音楽が50時間。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色を用意する。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)