ホンダCBR250R(タイ仕様)(画像クリックで拡大)

 本田技研工業は2010年10月27日、新型ロードスポーツバイク「CBR250R」をタイで生産して11月に発売すると発表した。タイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(以下、タイホンダ)で生産する最大排気量車で、初の本格的なロードスポーツモデル。09年に同社で生産を開始した125ccスクーター「PCX」に続いて、アセアン地域をはじめ、日本、欧州、北米、オーストラリアなど幅広い地域に輸出するグローバルモデルとして展開。日本での発売は2011年春を予定している。

 CBR250Rは、開発段階から日本とタイで研究開発を進め、世界各国の多様な嗜好に応え、初心者からベテランまで幅広い層がバイクを操る楽しさを体感できるモデルとして開発した。インドのホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドでもCBR250Rの生産を来春開始し、インド国内をはじめ南米の国々に輸出する。

ホンダCBR250R(タイ仕様)(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)