東芝は2010年9月10日、同社の3Dノートパソコン向けに、DVDビデオなどを3D表示で見られる再生プレーヤー「TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D」をダウンロード提供すると発表した。 価格は無料。9月17日から専用サイト(http://dynabook.com/pc/3d)経由で配布する。

 対象機種は「dynabook TX/98MBL」「dynabook Satelite AXW/90MW」(Webオリジナルモデル)の2機種。手持ちのDVDビデオやMPEG2PS、MP4形式の2D映像を3D映像に変換する。付属の3Dメガネで見ると立体視できる。他社の3Dパソコンは同様の機能が既に搭載されており、東芝でも機能を追加した。

 2Dから3Dへ変換する際に、「ベースライン3D機能」「Motion 3D機能」「Color 3D機能」「クロストークリダクション機能」の4つの独自処理をして、映像劣化の少ない3Dを実現している。ベースライン3Dは、画像の4隅から構図を推定し、事前に1000以上のサンプルから抽出した奥行きモデルと照合して、映像に適した奥行き感を出す機能だ。Motion 3Dは、映像内の動きの量を奥行きに換算する技術だ。手前にある物体ほど見かけの動きが速く、動いた距離が大きいほど手前に存在するという原理を元にしている。Color 3Dは、3D化後の色調深度にあわせて、色補正する機能だ。

 クロストークリダクションは、左右の映像を高速に切り替える際に、液晶の性能が追いつかずに発生するノイズを抑える機能だ。液晶へ送る電圧を高めて、映像の切り替えスピードを速めている。

対象機種の3Dノートパソコン「dynabook TX/98MBL」(画像クリックで拡大)

「ベースライン3D機能」。画像の四隅から構図を推測する(画像クリックで拡大)

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)