人気の腕時計「G-SHOCK」をモチーフにしたタフなコンパクトデジカメ「EXILIM G EX-G1」が登場! かつてのタフモデル「G.BROS.」から一新し、デザイン面での魅力も高い(画像クリックで拡大)

 カシオ計算機の米国現地法人は2009年11月18日、コンパクトデジカメ「EXILIM」の新製品「EXILIM G EX-G1」を発表した。同社の腕時計「G-SHOCK」をほうふつとさせる耐衝撃性能や防水・防塵性能を備えているのが特徴。デザインも、G-SHOCKを連想させる男性的な仕上がりになっている。

 米国での発売は12月の予定で、実売価格は299ドル(約2万6700円前後)。日本のカシオ計算機の広報担当者によると、国内での発売は検討中とのことだ。


レッドとブラックのツートンで構成されたボディーは、直線的でかっこいい。レンズは屈曲光学系の光学3倍ズームで、焦点距離は38-114mmと平凡的。本体の薄さを追求するため、記録メディアは携帯電話で主流のmicroSD/SDHCカードを利用する(画像クリックで拡大)

こちらはブラックモデル。レンズに近い側面に飛び出しているのは、衝撃吸収を兼ねたストラップ取り付け用のパーツと思われる。形状の異なる2種類のパーツが取り付けられるほか、取り外すこともできるようだ(画像クリックで拡大)

ななめ方向から見ると、独特な造形がよく分かる。シャッターボタンの近くにあるダイヤルは、メモリーカードかバッテリーのスロットカバーを固定するためのものと思われる(画像クリックで拡大)

上から見ると本体の薄さがよく分かる。厚さは19.9mmで、耐衝撃性能や防水性能を備える割にとてもスリムだ(画像クリックで拡大)

■「EXILIM G EX-G1」のおもなスペック
「EXILIM G EX-G1」
撮像素子 1/2.3型CCD(有効1210万画素)
レンズ 光学3倍ズーム(35mm判換算38~114mm相当、F3.9-5.4)
手ぶれ補正機構 不明
最高記録解像度 4000×3000ドット
ISO感度 オート、マニュアル(ISO100~3200)
シーン自動判別機能 あり
動画撮影機能 MotionJPEG形式(848×480ドット/30fps)、音声付き(モノラル)
記録媒体 microSD/SDHCカード、内蔵メモリー(約35.7MB)
液晶モニター 2.5型固定式(23万ドット)
防水性能 約3m
耐落下性能 約2.13m
耐寒性能 -10度
バッテリー撮影枚数 約300枚(CIPA規格による測定)
外形寸法、重量 103.5(W)×64.2(H)×19.9(D)mm、154g(本体のみ)
ボディカラー ブラック、レッド
発売日 2009年12月(米国)
実売価格 299ドル(米国)

(文/磯 修=日経トレンディネット)