新型プリウス。オプションのムーンルーフに太陽電池を内蔵し、「ソーラーベンチレーションシステム」の電源にする(画像クリックで拡大)

 京セラは、トヨタ自動車が5月18日に発表したハイブリッド車「プリウス」の新型オプション装備「ソーラーベンチレーションシステム」に、同社の太陽電池が採用されたことを発表した。

 ソーラーベンチレーションシステムは、太陽光発電を使った車内換気システム。屋根に設置した太陽電池パネルで発電し、炎天下での駐車中にファンを作動させることで、ハイブリッドバッテリー電力を使わずに車内温度の上昇を抑制できる。

 京セラでは、プリウスへの搭載にあたり、屋根での設置に適した電池形状とレイアウトを新たに設計。車載部品としての品質確保のために、耐熱、耐振動、耐衝撃などの評価試験も実施した。また、電池表面に細かな凹凸を施す同社独自技術により、濃淡色の均一な色調を実現している点も評価を受けたとしている。

 プリウス搭載用の太陽電池パネルは三重伊勢工場と滋賀八日市工場を拠点とする。専用のラインを設け、専属の生産技術担当者を配置する。

■関連情報
・京セラのWebサイト http://www.kyocera.co.jp/