標準タイプ(画像クリックで拡大)

本棚として利用(オプション)(画像クリックで拡大)

 観葉植物のレンタルサービスを運営するユニバーサル園芸社は、観葉植物をパーティションと一体化した緑化家具「パズルグリーン」を4月3日よりオフィス向けに発売する。オプションで本棚やマガジンラックと観葉植物を組み合わせた家具も用意する。家具全面を緑で覆う標準仕様が29万4000円から、オプションで棚を2段組み込んだ仕様が25万2000円から。いずれも運搬、設置、メンテナンス費は含まない。従来の室内向け壁面緑化工法に比べコストを最大3割低減した。初期投資を軽減したレンタルプランも選べる。

 壁面緑化を手がける東邦レオと共同開発した。植物を取り付けるトレーに工夫を施し、レイアウトの自由度を高めた。約15cm四方の四角い鉢に入った植物を幾つもトレーに設置する仕組み。家具のフレームはホワイト、シルバー、ブラウン、ブラックの4色から選べる。

 ユニバーサル園芸社に所属する1級園芸装飾技能士などが、家具と組み合わせる植物をコーディネートする。同社は広さ1万4000m2の自社植物園に3万鉢の植物を確保している。オフィスへの導入後は2週間に1度、同社の職員が手入れを行う。

■関連情報
・ユニバーサル園芸社のWebサイト http://www.uni-green.co.jp/