JR東日本のICカード乗車券「Suica」とJR北海道の「Kitaca」の相互利用サービス開始を記念した限定版のSuicaカード(画像クリックで拡大)

 JR東日本のICカード乗車券「Suica」とJR北海道の「Kitaca」の相互利用サービス開始を記念した限定版のSuicaカードが、3月14日から5万枚発売される。SuicaのペンギンとKitacaのエゾモモンガをあしらったデザインで、発売額は1枚2000円(SF1500円/デポジット500円)。1人3枚まで購入できる。

 JR東日本のSuica対応地域にある主要駅44カ所の「みどりの窓口」で申し込める。無記名式で、記名式の「My Suica」「こども用My Suica」へ変更したり、定期券機能を付けたりはできない。

 Kitacaは2008年10月にJR北海道の札幌圏55駅でサービス開始。2009年3月14日からは電子マネーと、JR東日本との相互利用が可能になる。JR北海道も3月14日に、Suicaとの相互利用を記念した限定版Kitacaカードを1万枚発売する。同じくペンギンとエゾモモンガをあしらったデザインで、こちらはJR札幌駅だけで1人2枚まで購入できる。

■関連情報
・JR東日本のWebサイト http://www.jreast.co.jp/
・JR北海道のWebサイト http://www.jrhokkaido.co.jp/