一般的な床暖房などと同じ「開放型循環方式」冷暖房システムとの接続が可能で、低コストで導入できる(画像クリックで拡大)

 旭化成ホームズ(本社:東京都新宿区)は2009年2月6日、三協立山アルミ(本社:富山県高岡市)と共同で新方式の「冷暖房輻射パネル」を開発したと発表した。一般的な床暖房などと同じ「開放型循環方式」冷暖房システムとの接続が可能で、低コストで導入できるという。

 輻射暖房システムは、温風が直接当たる対流暖房のエアコンなどのような不快感がないのが特徴。ただし、従来の冷暖房輻射パネルは、冷温水の循環回路を密閉する「密閉型循環方式」が主流のため、設計や施工に高い専門性が求められる。防錆不凍液のメンテナンスなどでコストも高くなりがちだった。

 両社が開発したパネルは、アルミパネルに架橋ポリエチレン管を挟んだ構造で、スチールやアルミなどの金属に直接、冷温水を流さないため腐食せず、開放型循環方式で利用できる。軽量化で施工もしやすくなり、意匠性にも優れる。

 熱源には、エコキュートなど既存のヒートポンプ熱交換器を想定。オール電化、TES システム、地中熱利用冷暖房システムなど多様な熱源との組み合わせが可能という。施工費は、90×90cmの輻射パネルの場合、従来密閉型(70万~100万円程度)の2分の1から3分の1にできる見込み。

 旭化成ホームズは、2007年からモニター邸や試験棟などで実証試験をしており、今後は、特に冷房効果などの検証を進め、秋ごろをめどに新築住宅で選択できる設備仕様として製品化を目指す。長府製作所(本社:山口県下関市)も同システムを利用した冷暖房システムを4月ごろに製品化する予定。(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・旭化成ホームズのWebサイト http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/
・三協立山アルミのWebサイトhttp://www.sankyotateyama-al.co.jp/
・長府製作所のWebサイト http://www.chofu.co.jp/