富士経済(本社:東京都中央区)は2008年12月25日、国内通信販売(物販)市場の調査結果を発表した。パソコンやブロードバンド人口の増加を受け、2010年には、PCを利用するインターネット通販が2兆5097億円、携帯電話を利用するモバイル通販が4080億円の市場規模に拡大すると予測している。

 2008年の通販市場全体の規模は4兆5238億円の見込み。さらに2010年には、これを9.3%上回る4兆9444億円になると予測している。形態別の構成比は、インターネット通販がほぼ半分を占め、以下、カタログ通販、モバイル通販、テレビ通販の順。2008年に4位だったモバイル通販はテレビ通販を抜いて3位に躍り出るという。

 インターネット通販は2006年にカタログ通販を抜いて市場トップとなったあと、全体をけん引。2008年の市場規模は2兆1753億円に達した。以前は実店舗で購入されていた家電製品、音楽CD、DVDなどがシフトしてきていることなどが拡大要因。2008年から2010年までの成長率は15.4%と予想している。

 モバイル通販は、高速データ通信や各キャリアの通信料定額制の導入で普及。2008年の市場規模は3165億円だが、2010年までに28.9%の高成長率が見込まれるという。コアユーザーは10代後半~20代前半で、アパレル通販が約3割を占め、次いで書籍、ソフトの構成比が高いのが特徴。

 なおインターネット通販では、競争が激しさを増し、実績は上位あるいは大手企業に集中。企業によっては前年実績割れも出てきているという。

 調査は同社の専門調査員による対象企業への直接面接や電話ヒアリング、公的データ・公表資料など文献調査により補完。期間は2008年10月~11月。

(文/田中武臣=Infostand)

■関連情報
・富士経済 http://www.fuji-keizai.co.jp/