空港内にある女性レストルーム(トイレ)でデジタル広告を配信。国内初の試み(画像クリックで拡大)

 羽田空港は12月1日から、空港内にある女性レストルーム(トイレ)でデジタル広告を配信する。羽田空港の管理会社、日本空港ビルデングが明らかにした。国内初の試みという。

 第1、第2旅客ターミナルにある女性用トイレ65カ所、合計355ブースにそれぞれ7型液晶ディスプレイを設置し、CM映像を配信する。トイレの閉鎖空間を情報伝達に効果的な場所と考え、リラックス感が期待されるシチュエーションに注目したとしている。長さ15秒のCM映像7枠ごとに15秒の空港インフォメーション1枠を放映する。12月31日までは試験放送期間としている。

 羽田空港は、英調査会社Skytraxが実施した各国空港の評価で、トイレの清潔性の評価が世界第2位となったことなどから、空港内のトイレを広告媒体に利用できると判断した。

■関連情報
・日本空港ビルデングのWebサイト http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/