外観イメージ(画像クリックで拡大)

 三菱地所と良品計画は2008年9月29日、マンション事業共同企画の「MUJI VILLAGE」プロジェクトを発表した。三菱地所が千葉県船橋市前原に建設中の「パークハウス 木々 津田沼前原」をプロジェクトの第1弾として事業化する。

 「無印良品」ブランドを展開して暮らしを追求してきた良品計画と、住まいに取り組んできた三菱地所が経験と技術を結集する。外観、インテリア、共用部分、敷地全体の使い方を考えながら、木々を取り込み、簡素・簡潔で、美しさと自在さを持った集合住宅を提案。共用リビングルームを基軸としたコミュニティ作りを併せて進めてゆく。

 「パークハウス 木々 津田沼前原」は新京成電鉄前原駅から徒歩5分。8615平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート地上9階建ての集合住宅を建設する計画。間取りは2LDK~4LDK、専有面積66.86~93.78平方メートルで、総戸数は152戸。来年1月上旬からモデルルーム公開と販売を行う。入居予定日は2010年2月中旬の予定。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
・三菱地所のWebサイト http://www.mec.co.jp/
・良品計画のWebサイト http://ryohin-keikaku.jp/