毎秒40コマの連写と、最大1000fps(224×56ピクセル)の動画撮影が可能なデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM EX\-FH20」(画像クリックで拡大)

 カシオ計算機は、毎秒40コマの連写と、最大1000fps(224×56ピクセル)の動画撮影が可能なデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM EX-FH20」を2008年9月19日に発売する。オープン価格だが、直販サイトでのモニター販売価格は6万3800円。

 3月に発売した、毎秒60コマ連写、最大1200fps(336×96ピクセル)動画撮影が可能な「EXILIM PRO EX-F1」と同じく高速撮影を特徴とする。EX-F1の撮像素子が有効600万画素の1/1.8型高速CMOSなのに対し、新モデルEX-FH20は有効910万画素の1/2.3型CMOSを採用する。

 また撮影モードのダイヤルを1つにして操作を単純にしている。本体サイズは幅122.6mm、高さ81.4mm、奥行き84.5mmと、EX-F1に比べ容積を27%減らした。重さも483gと同28%少なくし、取り回しをよくした。

 ISO感度は100~1600。レンズは光学20倍ズーム。焦点距離は35mm判換算で約26mm~520mm相当(EX-F1は約36~432mm相当)。F値は2.8~4.5(EX-F1は2.7~4.6)。最短撮影距離はスーパーマクロ時で1cm。CMOSシフト方式の手ぶれ補正に対応する。

 シャッターを押した瞬間からさかのぼって最大40コマを記録できる「パスト連写」、連写した複数の画像を合成して手ぶれを補正する「ハイスピード手ブレ補正」、手持ちや三脚使用といった状況に応じて設定を調節し、ぶれを抑えて夜景を撮影する「ハイスピード夜景」といった機能を備える。

 毎秒40コマの静止画撮影が行えるのは画像サイズが700万画素(3072×2304ピクセル)の場合。HD動画の記録画素数は1280×720ピクセル、30fpsで、EX-F1と異なり1920×1080ピクセル、60fpsのフルHD動画撮影には対応しない。動画のファイル形式はH.264/AVC準拠のMOV形式からMotion JPEG準拠のAVI形式に、音声はステレオからモノラルに変わった。

 モニターは3型約23万ドット液晶(EX-F1は2.8型23万ドット)。0.2型20万ドットの電子ファインダーを備える。

 記録媒体は容量31.9MBの内蔵メモリーとSD/SDHCメモリーカード、MMC、MMC plus。電源は単3形アルカリ乾電池4本または単3形ニッケル水素充電池4本。CIPA規格の撮影可能枚数はアルカリ乾電池で約230枚、ニッケル水素充電池で約400枚。

【BPtv動画レポート】
HIGH SPEED EXILIM新製品
高速連写とハイスピード動画で
人物・スポーツの瞬間を撮る
BPtv
※画面をクリックすると「BPtv」の動画ページが開きます

■関連情報
・カシオ計算機のWebサイト http://www.casio.co.jp/