「D700」(画像クリックで拡大)

 ニコンは、35mm判フルサイズ相当の有効1210万画素CMOSを搭載した小型軽量デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」を7月25日に発売する。価格はオープンだが、予想販売価格は本体のみで33万円前後。光学式手ぶれ補正機構内蔵ズームレンズ「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)」が付属するレンズキットが40万円。

 36.0mm×23.9mmサイズの「FXフォーマット」撮像素子を採用した製品の第2弾。第1弾の「D3」と同じCMOSを搭載するが、本体を一回り小さくし、重量を20%程度軽くした。APS-Cサイズ相当(24mm×16mm)の「DXフォーマット」の撮像範囲も選択でき、DXレンズ装着時に自動で同フォーマットに切り替えられる。

 D3にない機能として、振動によるローパスフィルターのゴミ除去機構「イメージセンサークリーニング」や、広角24mm対応の内蔵ストロボを備える。

 ファインダー視野率は95%と、D3の100%より低い。倍率は約0.72倍、アイポイントは約18mm。丸形ファインダー窓、アイピースシャッターを備える。

 撮像感度はISO200~6400で、ISO2万5600相当までの増感とISO100相当までの減感が可能。起動時間は約0.12秒、レリーズタイムラグは約0.040秒。毎秒5枚、最大100枚まで連写可能。また別売のマルチパワーバッテリーパック「MB-D10」を装着して毎秒8枚の連写を行える。

 これに加えD3と同等の機能として、撮影シーンの自動認識、輪郭強調などのピクチャーコントロール、白とびや黒つぶれを軽減するアクティブD-ライティング、51点AFなどを備える。

 液晶モニターは視野角170°の3型VGA(640×480ドット)。ライブビューは「手持ち撮影モード」と「三脚撮影モード」が利用できるほか、カメラの傾きを表示する「デジタル水準器」をライブビュー中に使える。

 本体サイズは幅147mm、高さ123mm、奥行き77mm。重量は約995g。外観カバーなどはマグネシウム合金製で、防じん/防滴仕様。記録媒体はコンパクトフラッシュカードで、UDMA対応。

 なお別売アクセサリーとして、D3/D300用のワイヤレストランスミッター「WT-4」や、RAW現像ソフト「Capture NX2」、画像真正性検証ソフト、パソコンによるカメラ遠隔操作ソフト「Camera Control Pro 2」などに対応する。

 このほかニコンは、スピードライト(外部ストロボ)「SB-900」を希望小売価格6万8250円で同時発売する。

■関連情報
・ニコンのWebサイト http://www.nikon.co.jp/