新機種一覧(画像クリックで拡大)

 KDDIと沖縄セルラー電話は、au携帯電話の新ラインアップ「夏モデル」12機種を6月上旬より順次発売する。夏モデルの販売開始にともない、auショップなどで携帯電話の待ち受け画面やメニューなどをまとめて変更できる無料サービス「ナカチェン」、外装まで変更可能な「フルチェン」サービス、映画を1本まるごと視聴できるサービス「LISMO Video」を開始する。夏モデルの仕様などを紹介するWebサイトも開設した。

 フルチェン対応機種は「フルチェンケータイre」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)。外装や待受画面/メインメニューなどの携帯電話の外見と中身を入れ替えることができる。ナカチェンには、「W62H」(日立製作所製)、「W62SH」(シャープ製)、「W63SA」「W64SA」(京セラ製)、「Sportio」「W62T」(東芝製)、「G'zOne W62CA」(カシオ計算機製)、フルチェンケータイreの8機種が対応する。

 LISMO Videoは、携帯電話で映画やドラマ、アニメなどのコンテンツ約2000本を楽しめるサービス。有機ELディスプレイ搭載を搭載するW62Hを含むナカチェン対応8機種と、既存6機種「W56T」「W54S」「W54SA」「W61SA」「W61T」「Cyber-shotケータイW61S」の合計14機種。

 また、スポーツ支援サービス「au Smart Sports」を強化し、特にコンパクトでスポーツ向きのSportioと、W64SAおよびG'zOne W62CAの3機種はモーションセンサー(加速度センサー)を搭載し、ウォーキング時の歩数/距離/消費カロリーを自動測定する機能や、音楽に合わせてステップを踏むトレーニング機能「BEAT RUN」が利用可能。

 基本的な機能に絞った機種として、「W64K」「W62K」「W63K」(京セラ製)と「W62PT」(韓国Pantech&Curitel Communications製)を用意する。

■関連情報
・KDDIのWebサイト http://www.kddi.com/
・沖縄セルラー電話のWebサイト http://www.au.kddi.com/okinawa_cellular/