洗剤を使わずして中性洗剤並みの洗浄効果!!(画像クリックで拡大)

 米業務用清掃機器メーカー大手のテナントカンパニーの日本支店(所在地:横浜市)は、洗剤を使わずに水道水だけで中性洗剤と同等以上の洗浄効果を発揮する「ech2o」(エコ)システムを搭載したスクラバーマシン(自動床洗浄機)2機種を2008年6月3日発売する。

 「ech2o」は、水道水を電解水にして、洗浄効果の高い水を生成する。「ech2o」モジュール内で、水道水に酸素チャンバーから酸素のマイクロバブルを吹き込み、電気分解セルでイオン化して、アルカリ性(pH9-11)と酸性(pH2.3-2.7)がミックスした電解水にする。

 電解水は約30~45秒経過すると通常の水に戻り始め、汚水回収タンク内では通常の水と汚れになる。洗剤や汚水処理のコスト削減が期待でき、塩などの添加剤も不要。同社の通常型スクラバーに比べて水使用量を約70%削減できるという。

 価格は、バッテリーチャージャー内蔵型の「T3 ech2o」が116万円から。バッテリーチャージャー据え置き型の「T5 ech2o」が225万5000円から。ショッピングモールなどの商業施設、レストラン、ホテル、食品加工工場などでの使用に向くという。

(文/田中武臣=Infostand)

■関連情報
・テナントカンパニー日本支店のWebサイト http://www.tennant.co.jp/