動画ユニットを導入することによって、新たな収益を獲得できると同時に、訪問者に対して充実したコンテンツを提供できるようになる(画像クリックで拡大)

 グーグルは、広告配信プログラム「AdSense」の新しい広告フォーマットとして動画ユニットを発表した。Webサイト運営者は、イメージ広告またはテキスト広告と、動画共有サイト「YouTube」に投稿されたユーザー作成による動画を組み合わせたコンテンツを自身のWebサイトに掲載し、収益を得ることができる。

 動画ユニットで表示できる動画は、さまざまな基準を満たし、「YouTubeパートナー」に認定されたコンテンツ制作者やメディア企業による動画コンテンツが対象となる。コンテンツの選択は、個別のチャネル、カテゴリ、キーワードのいずれかを指定する。

 動画ユニットをWebサイトに表示させるには、既存のAdSenseフォーマットと同じように、動画ユニットの簡単なコードをサイトに埋め込むだけでよい。動画ユニットの上部にはイメージ広告またはテキスト広告が、下部にはテキスト広告が自動的に表示され、サイト訪問者が広告をクリックするとWebサイト運営者の収益になるしくみ。掲載する動画プレーヤーのカラーやサイズなどは、Webサイトのデザインに応じてカスタマイズすることが可能。

 同社によれば、Webサイト運営者は動画ユニットを導入することによって、新たな収益を獲得できると同時に、訪問者に対して充実したコンテンツを提供できるようになるという。

■関連情報
・グーグルのWebサイトhttp://www.google.co.jp/